Kickstarter成功プロジェクト『CLANG』が資金難により開発中止 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kickstarter成功プロジェクト『CLANG』が資金難により開発中止

2012年にKickstarterで約52万ドルの資金調達を成功させたものの、翌年には資金難に陥りプロジェクトの一時停止が伝えられていた剣闘ゲーム『CLANG』ですが、発起人であるSF作家ニール・スティーヴンスン氏は本日正式に開発中止を発表しました。

ゲーム文化 Kickstarter

Kickstarterのプロジェクト解説映像

2012年にKickstarterで約52万ドルの資金調達を成功させたものの、翌年には資金難に陥りプロジェクトの一時停止が伝えられていた剣闘ゲーム『CLANG』ですが、発起人であるSF作家ニール・スティーヴンスン氏は本日正式に開発中止を発表しました。

『CLANG』はリアルな剣闘を求め、モーションコントローラーでの操作を主軸にしたアクションゲーム。Kickstarterのプロジェクト解説映像にはValveのゲイブ・ニューウェル氏も登場し、大きな注目を集めました。

スティーヴンスン氏は昨年バッカー向けにリリースしたプロトタイプは技術的に革新だったが、プレイに関しては更なる出資を得るほど面白いものではなかったと伝え、歴史的な忠実さを求めすぎた自身の責任であると語っています。

『CLANG』は残念ながら実現しませんでしたが(開発チームも解散)、スティーヴンスン氏は今回のプロジェクトで積まれた多くの経験や業界との繋がりを活かし、またいつか新たなチームを構築し、場合によっては歴史的な剣闘とは関わりのないプロジェクトを追い求めるだろうとの事です。

なお、払い戻しを求めたバッカーには既に返金処理が行われています(合計で約700ドル)。その他のバッカーについてはREVERBと呼ばれるリストに登録しておく事で、将来のプロジェクトで特典が得られるそうです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』メディア向けセッションレポ―北瀬Pが語るただのリメイクじゃない理由【E3 2019】

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』メディア向けセッションレポ―北瀬Pが語るただのリメイクじゃない理由【E3 2019】

  2. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  3. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  4. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

  5. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  6. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  7. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

  9. 半裸実写格闘『ブリーフカラテ』世界大会が大阪で開催決定―世界よ、これがブリーフカラテだ!

  10. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

アクセスランキングをもっと見る

page top