『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表

ゲーム文化 カルチャー

『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表
  • 『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表
  • 『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表

フロリダ州立大学の教授より、Valveが手掛けたパズルアクション『Portal 2』のゲームプレイは認知能力の上昇に繋がるとの研究結果が発表されました。

同大学で教育心理学や学習システムを研究しているValerie J. Shute氏は、「プレイしている間、ずっと思考を巡らせていました。私はすべての種類の問題解決に本気で取り組んでいたのです」と『Portal 2』のゲーム性についてコメント。更に脳科学のスペシャリスト達が開発した「Lumosity」と言うブレイントレーニングプログラムと比較し、『Portal 2』は「Lumosity」より脳の認知機能を促進させる効果があると語っています。


Shute氏の研究では、『Portal 2』と「Lumosity」をそれぞれ被験者達に8時間ほどプレイさせ、認知技能テストを実施したとのこと。『Portal 2』をプレイした被験者は3種の技能テストで「Limosity」プレイヤーを上回るスコアを叩き出し、特に空間把握に関するテストで大きな得点をマークしていたと伝えられています。研究結果はScienceDirectで公開されており、一般ユーザーは24.95ドルで購入することが可能です。

以前にも『The Last of Us Remastered』を使った脳波測定や、ペンシルバニア大によるビデオゲームを使ったてんかん患者向けテストが話題になっていました。緻密なレベルデザインが施された『Portal 2』のみならず、今後様々なジャンルのビデオゲームが脳科学などの実験に用いられ、新たな研究結果が発表されるかもしれません。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国を代表する競技委員会の選出開始―日本の候補は5名

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国を代表する競技委員会の選出開始―日本の候補は5名

  2. 20年の時を越え……ドイツにて初代『Half-Life』が無規制版に?

    20年の時を越え……ドイツにて初代『Half-Life』が無規制版に?

  3. FPSローグライク 『イモータル・レッドネック:不死王の迷宮』全世界同時発売!

    FPSローグライク 『イモータル・レッドネック:不死王の迷宮』全世界同時発売!

  4. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  5. 『S.T.A.L.K.E.R. Lost Alpha Developer's Cut』がリリース!―トレイラーも披露

  6. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  7. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  8. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  9. ギアーズ開発者、UE4で非公式『アサシンクリード』映像を制作

  10. Twitch、アフィリエイトプログラムを開始―小規模チャンネルも収益入手可能に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top