『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表

ゲーム文化 カルチャー

『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表
  • 『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表
  • 『Portal 2』は脳の認知能力を促進する ― 脳科学のスペシャリストが研究結果を発表

フロリダ州立大学の教授より、Valveが手掛けたパズルアクション『Portal 2』のゲームプレイは認知能力の上昇に繋がるとの研究結果が発表されました。

同大学で教育心理学や学習システムを研究しているValerie J. Shute氏は、「プレイしている間、ずっと思考を巡らせていました。私はすべての種類の問題解決に本気で取り組んでいたのです」と『Portal 2』のゲーム性についてコメント。更に脳科学のスペシャリスト達が開発した「Lumosity」と言うブレイントレーニングプログラムと比較し、『Portal 2』は「Lumosity」より脳の認知機能を促進させる効果があると語っています。


Shute氏の研究では、『Portal 2』と「Lumosity」をそれぞれ被験者達に8時間ほどプレイさせ、認知技能テストを実施したとのこと。『Portal 2』をプレイした被験者は3種の技能テストで「Limosity」プレイヤーを上回るスコアを叩き出し、特に空間把握に関するテストで大きな得点をマークしていたと伝えられています。研究結果はScienceDirectで公開されており、一般ユーザーは24.95ドルで購入することが可能です。

以前にも『The Last of Us Remastered』を使った脳波測定や、ペンシルバニア大によるビデオゲームを使ったてんかん患者向けテストが話題になっていました。緻密なレベルデザインが施された『Portal 2』のみならず、今後様々なジャンルのビデオゲームが脳科学などの実験に用いられ、新たな研究結果が発表されるかもしれません。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」日本代表が予選2戦目も勝利!

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」日本代表が予選2戦目も勝利!

  2. 『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

    『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

  3. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

    【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  4. 【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

  5. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

  6. 日本のときど選手が「Evo 2017」の『ストリートファイターV』部門で優勝!―強敵Punk選手を圧倒

  7. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国チームメンバーと試合日程が公開!

  8. スピルバーグ新作映画「Ready Player One」初イメージ!―仮想世界でイースターエッグ探し

  9. 初代『DOOM』パッケの人物にモデルが?ジョン・ロメロが裏話明かす

  10. 【まとめ】「Evo 2017」各部門の試合結果一覧―日本人選手も複数優勝!

アクセスランキングをもっと見る

page top