Epic Games vs Valveはここから!?ストア手数料に関する話し合い中ティム・スウィーニー氏思わずメールで「バカども」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Epic Games vs Valveはここから!?ストア手数料に関する話し合い中ティム・スウィーニー氏思わずメールで「バカども」

Epic Gamesストア開設前夜の興味深い内容。

ニュース ゲーム業界
Epic Games vs Valveはここから!?ストア手数料に関する話し合い中ティム・スウィーニー氏思わずメールで「バカども」
  • Epic Games vs Valveはここから!?ストア手数料に関する話し合い中ティム・スウィーニー氏思わずメールで「バカども」
  • Epic Games vs Valveはここから!?ストア手数料に関する話し合い中ティム・スウィーニー氏思わずメールで「バカども」

現在Valveが起こされている米国反トラスト法訴訟に関するWolfire Gamesとの訴訟の中で、Epic GamesのCEOであるティム・スウィーニー氏と交わされたとあるメールの内容が明らかとなり話題を集めています。

「クソ野郎」とメール送信?

現在Valveは、『Receiver』などのパブリッシャーとして知られるWolfire Gamesによって裁判を起こされています。これはSteamが立場を利用してライバルを不当に締め出し、ゲームの価格をコントロールしていると主張するもので、独占禁止法に違反しているとして訴えられています。この裁判は棄却などを経たものの、2022年5月裁判所に証拠開示手続きに入ることができると裁定しました。


話題になっているメールは裁判に提出された資料から明らかになったもので、Epic Gamesのティム・スウィーニー氏とValveのCEOであるゲイブ・ニューウェル氏、COOのスコット・リンチ氏、プロジェクトマネージャーのエリック・ジョンソン氏の4名の間で2018年末に交わされました。

内容としてはAppleに裁判を起こすため準備していることや、プラットフォーム手数料が12%とSteamより低いEpic Gamesストアの開設が間近であることを知らせるものです。Appleに対するEpic側の対抗策を強化し、手数料30%モデルがもはや成り立たないということを証明するため、Valveに手数料の引き下げを求めました。

しかしながら、そのメールに熱が入りすぎてしまったのか、思わず「今現在、あなた方バカども(you assholes)は~」と不適切な言葉を交えてメールを送信。これに対しValveのスコット・リンチ氏は、たった1行の返信で「やぁ、怒ってるの?(You mad bro?)」とだけ返しました。

普通なら公開されないプライベートなやりとりであるためかフランクな返しですが、この温度差が話題を集めている模様です。なにかと業界を騒がせたEpic Gamesストア開設前夜にValveに対して話を行っていたというやり取りで非常に興味深い内容ではありますが、スウィーニー氏の言葉遣いに対する批判の声も集まっています。


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ユニコーンオーバーロード』などのヴァニラウェアが“新作の開発スタッフ”を募集!ジャンルは“ファンタジーアクションRPG”に

    『ユニコーンオーバーロード』などのヴァニラウェアが“新作の開発スタッフ”を募集!ジャンルは“ファンタジーアクションRPG”に

  2. 生活シム『Life by You』早期アクセス開始が再々々延期…今回は新たなリリース日も未定

    生活シム『Life by You』早期アクセス開始が再々々延期…今回は新たなリリース日も未定

  3. 『バルダーズ・ゲート3』開発元のLarian Studios、ワルシャワに新スタジオを開設。新たな2つのRPGの開発に挑む

    『バルダーズ・ゲート3』開発元のLarian Studios、ワルシャワに新スタジオを開設。新たな2つのRPGの開発に挑む

  4. Fanaticalにて『Monster Train』『新・熱血硬派 くにおたちの挽歌』『GetsuFumaDen』などが3,060円で購入できる「Killer Bundle 30」販売中!

  5. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

  6. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  7. 『Stellar Blade』を手掛けるSHIFT UPの新作は「AAA都市型SFアクションRPG」か―同社の人材募集ページが更新

  8. 最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  9. 『ときメモ』公式Xが“新情報”を予感させる意味深投稿…5月27日の30周年当日に何かが起こるかも?

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top