PC版『ファイナルファンタジーXIII-2』海外で12月11日発売、待望のグラフィックオプションも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『ファイナルファンタジーXIII-2』海外で12月11日発売、待望のグラフィックオプションも

ニュース 発表

PC版『ファイナルファンタジーXIII-2』海外で12月11日発売、待望のグラフィックオプションも
  • PC版『ファイナルファンタジーXIII-2』海外で12月11日発売、待望のグラフィックオプションも

10月9日にSteamにて発売されたPC版『ファイナルファンタジーXIII』に続き、リリースが予定されている『ファイナルファンタジーXIII-2』。スクウェア・エニックスは北米向けプレスリリースにて、本作のSteam版発売日を海外で12月11日にリリースすると発表しました。

Steamではストアページがオープンし、予約が開始されています。PC版の『ファイナルファンタジーXIII-2』ではカスタム可能なレンダリング解像度(720p、1080p等)、グラフィックオプション60fpsへの対応などの新要素を追加。SNSとの連携機能こそ削除されているものの、一部のDLC(武器、当時のコラボ衣装や購入・予約特典を除く)や前作の有無に問わずセーブデータ特典の解放が行われます。

また『ファイナルファンタジーXIII』に関しても12月上旬に実施予定のアップデートにより、カスタムレンダリング解像度とグラフィックオプションの追加が行われるとのこと。スペックに合ったグラフィック設定をして楽しむことが出来そうです。

国内向けの発表は現時点で行われていませんが、ストアページでは日本語の説明文が記述されており、2,200円との価格表記が行われています。3部作のうち2作目のリリース日も決まった本シリーズ。最後のタイトル『ファイナルファンタジー XIII: ライトニングリターンズ』は来春のリリースを予定しています。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

    不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

  4. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  5. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  6. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  7. 90年代風ゴリマッチョFPS『Hellbound』クローズドβ開始! 初プレイ映像も

  8. 米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道

  9. 米トランプ大統領「映画やゲームには規制が必要だ」―パークランド銃撃事件受け

  10. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

アクセスランキングをもっと見る

page top