実写映画版『アンチャーテッド』の新たな脚本担当が決定か、ドレイク役に関する情報も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写映画版『アンチャーテッド』の新たな脚本担当が決定か、ドレイク役に関する情報も

ゲーム文化 カルチャー

実写映画版『アンチャーテッド』の新たな脚本担当が決定か、ドレイク役に関する情報も
  • 実写映画版『アンチャーテッド』の新たな脚本担当が決定か、ドレイク役に関する情報も
2009年に企画の存在が明らかになり、今なお製作が続けられているNaughty Dog作品の実写映画版『アンチャーテッド』。この映画の新たな脚本家と主人公ドレイク役についての情報を海外メディアが報じました。

これを報じたThe Hollywood Reporterによれば、脚本を担当するのは、映画「ハート・ロッカー」でアカデミー脚本賞を受賞したMark Boal氏とのこと。国内でも発売を迎えた『Call of Duty: Advanced Warfare』のストーリーにも関わっていた人物です。加えて、制作スタジオは主人公ネイサン・ドレイク役に「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」の俳優クリス・プラットを挙げ、オファーしましたが出演は見送られたようです。

複数回に及ぶ監督と脚本家の交代という事態を経て、ようやく前進し始めたかに見える実写映画版『アンチャーテッド』。本作品はゲーム版1作目『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』をベースに、2015年初頭の撮影開始が予定されています。さらに、2016年6月10日の北米公開が既に決定しており、国内での公開も含め、続報に期待がかかります。なお、本報道についてソニーはコメントを控えています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

    『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  2. もし『オーバーウォッチ』が格闘ゲームだったら…完成度高めの海外ファンメイド映像!

    もし『オーバーウォッチ』が格闘ゲームだったら…完成度高めの海外ファンメイド映像!

  3. 海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

    海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

  4. 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

  5. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  6. スピルバーグ映画「レディ・プレイヤー1」海外新映像ー『Halo』スパルタンも大量参戦!

  7. 認定プロゲーマーは「賞金付きの非公認大会」に出ると処分?新団体に未公表の規約について聞いた

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 海外『マインクラフト』チームが作った世紀末都市が壮大過ぎる…8ヶ月がかりで築かれた2,000x2,000ブロック

  10. 「日本のやり方はうまくいかない」韓国のe-Sports協会「KeSPA」合同取材で見えた日本のビジネスモデルの穴

アクセスランキングをもっと見る

page top