プラチナゲームズから新年の挨拶動画、未発表の新作も開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プラチナゲームズから新年の挨拶動画、未発表の新作も開発中

ニュース ゲーム業界

プラチナゲームズから新年の挨拶動画、未発表の新作も開発中
  • プラチナゲームズから新年の挨拶動画、未発表の新作も開発中
  • プラチナゲームズから新年の挨拶動画、未発表の新作も開発中
  • プラチナゲームズから新年の挨拶動画、未発表の新作も開発中
  • プラチナゲームズから新年の挨拶動画、未発表の新作も開発中
刺激的なアクション性を特に得意とするプラチナゲームズ。昨年は、世界中で高い評判を博した『ベヨネッタ』の続編となる『ベヨネッタ2』をリリースし、寄せられる大きな期待を凌駕する完成度で多くのユーザーから賞賛を浴びました。

この他にも、海外向けとなる『ザ・レジェンド・オブ・コーラ』もリリースしており、大きな躍進を果たしその存在感をいっそう知らしめた2014年となりました。プラチナゲームズが今年はどんな活躍を見せてくれるのか、強い関心を寄せているファンは少なくないでしょう。



そんな同社の公式ブログが更新され、代表の三並達也氏の挨拶とスタッフ全員で制作したメッセージ動画が公開されました。三並氏は挨拶の中で、昨年を振り返ると共に今年の抱負を力強く語っています。

メッセージ動画の中では、『ベヨネッタ2』ディレクター・橋本祐介氏が「現在、新作をバリバリ開発中です。触ってみたいと思ってもらえるようなゲームにしたい」と、嬉しいコメントを明かしてくれました。加えて、動画内の三並氏も「まだ発表していないタイトルを我々は開発している」「みなさんの期待と我々のやりたい事が一致するようなものを目指したい」と述べており、今年も朗報が届きそうな予感を覚えます。

また神谷英樹氏もコメントを寄せていますが、語った内容は徹頭徹尾「宝塚」に関してという、神谷氏らしいスタンスの新年初コメントとなりました。この他にも、『ベヨネッタ2』プロデューサー・黒田晶子氏をはじめ、同社のスタッフがそれぞれ抱負や意気込みを語っており、新たな1年への期待を大いに感じさせてくれるものとなっています。それぞれを直接チェックしたい方は、公式ブログをご覧ください。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 29 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 武器とLoveするダンジョン探索ハクスラ『Boyfriend Dungeon』発表!

    武器とLoveするダンジョン探索ハクスラ『Boyfriend Dungeon』発表!

  2. Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

    Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

  3. 『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

    『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

  4. Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

  5. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  6. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  7. エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

  8. 血闘しようぜ! 一撃必殺格闘ゲーム『斬!斬!斬!』PS4で配信決定

  9. 深層Webで見つかった謎のホラーゲーム『Sad Satan』―作者や制作意図は一切不明

  10. 「Blizzard Battle.net」年内に日本円での支払いに対応―カナダ・ニュージーランドの現地通貨にも

アクセスランキングをもっと見る

page top