まさに神業!新たな『テトリス』グランドマスターのスーパープレイ映像が海外で注目集める | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

まさに神業!新たな『テトリス』グランドマスターのスーパープレイ映像が海外で注目集める

海外のハードコアゲーマーKevin Birrell氏が『テトリス ザ・グランドマスター3 テラー・インスティンクト』のゲームプレイ配信の中で、世界で6人しか達成していない「グランドマスター」の成績を叩き出したことで、海外ユーザーの間で注目を集めています。

ゲーム文化 カルチャー
まさに神業!新たな『テトリス』グランドマスターのスーパープレイ映像が海外で注目集める
  • まさに神業!新たな『テトリス』グランドマスターのスーパープレイ映像が海外で注目集める
  • まさに神業!新たな『テトリス』グランドマスターのスーパープレイ映像が海外で注目集める
海外のハードコアゲーマーKevin Birrell氏が『テトリス ザ・グランドマスター3 テラー・インスティンクト』のゲームプレイ配信の中で、世界で6人しか達成していない「グランドマスター」の成績を叩き出したことで、海外ユーザーの間で注目を集めています。


先日にはがん予防基金を募るチャリティーゲームマラソン企画「Awesome Games Done Quick 2015」にも参加していた凄腕テトリスプレイヤーのKevin Birrell氏。同氏は『テトリス ザ・グランドマスター3』において“MasterM”の成績を持つプレイヤーとして知られていましたが、先日行われていたTwitch配信の中で、“MasterM”を超える“Grand Master”の成績を達成しました。海外メディアPolygonが報じるところによれば、この“Grand Master”到達プレイヤーは今までに6人しか確認されていないとのことです。

Twitchでの録画映像はこちらのページからチェック出来ます。国内外問わず、ライトユーザーからハードコアゲーマーにまで愛される落ち物パズルの『テトリス』ですが、Kevin Birrell氏の凄まじい操作テクと判断スピードには目を見張るものがあります。ちなみに、彼は8~9年間ほど同作をプレイし続けてきたとのこと。グランドマスター達成後に見られる「Yo, I just beat Tetris!(テトリスをブッ倒してやったぜ!)」との発言は、ゲーム配信の歴史に残る記録的な雄叫びとなるかもしれません。
《subimago》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

  • 初代『ゼルダの伝説』海外ファンのスピードラン新記録動画、30分29秒でクリア 画像 初代『ゼルダの伝説』海外ファンのスピードラン新記録動画、30分29秒でクリア
  • 『ダークソウル』世界最速49分55秒でクリアする動画、海外スピードランナーが達成 画像 『ダークソウル』世界最速49分55秒でクリアする動画、海外スピードランナーが達成

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

    本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

  2. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

    3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  3. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

    『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  4. アリアナ・グランデの腕に『ポケモン』イーブイのタトゥーが彫られる、ゲーム好きな一面も明らかに

  5. 『Fallout』シュガーボムモデルのT-51を象ったUSBハブが登場!これでフュージョン・コア要らず?

  6. 「Skyrim Together」クローズドβ発表―『スカイリム』協力プレイを実現するMod

  7. 『フォートナイト』海外ストリーマーに約810万円の”投げ銭”が届く!想定外の高額ドネーションの送り主は…?

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り

  9. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  10. 『World of Tanks』年始イベント「紅白WoT合戦」レポ―大きく盛り上がった「第5回JUC大会」も

アクセスランキングをもっと見る

page top