統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供

ニュース 発表

統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供
  • 統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供

ユニティ・テクノロジーズは同社が手がけるマルチプラットフォーム向け統合開発環境の最新版『Unity 5』が本日よりリリースされた事を発表しました。Unity 5では多くの改良が施されていますが、価格モデルにも大きな変更が加えられています。

Professional Edition」ではUnity 5の全機能に加えて、チームライセンス、Unity Cloud Build Proの12ヶ月サブスクリプション、Unity Analytics Pro(現在はベータ段階)、Game Performance Reporting(現在はプレビュー段階)、Asset Store Level 11(無料アセットのコレクションが毎月利用可能)、プレビュー版及びベータ版へのアクセス、収益制限及び収益シェアなしを特色としており、価格はUnity 4と同じくサブスクリプションが月75ドル、永久ライセンスが1,500ドルです。

Personal Edition」は収入及び資本金が100,000ドル未満のプロフェッショナル開発者、インディー開発者、愛好家、スタジオ向けのエディションで、「Professional Edition」と同様のUnity 5エンジン機能、エディタ機能が全て利用可能。価格は無料でロイヤリティも無料となっています。

両エディションの詳細な比較は公式サイトに掲載されているので、気になる方は要チェックです。昨日にはEpic Gamesの「Unreal Engine 4」の無料化が発表されており、今後ますますインディーゲームの開発が盛り上がるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

    Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  2. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

    『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  3. E3 2018で最もツイート数が多かった統計情報をTwitter社が公開ー新作『スマブラ』が話題をリード!

    E3 2018で最もツイート数が多かった統計情報をTwitter社が公開ー新作『スマブラ』が話題をリード!

  4. iOS版『フォートナイト』配信から3か月でおよそ110億円の収益に到達

  5. どこでもプレジデンテ! 独裁国家経営シム『トロピコ』のiPad版が海外発表

  6. オープンワールドレース『ザ クルー 2』オープンベータでスタントコンテスト開催―優勝者は米で本格スタントを体験できちゃう!?

  7. オンライン海戦ストラテジー『World of Warships』PS4/XB1版配信決定―7月から先行テストプレイ開始

  8. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  9. 噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

  10. エアーマンコスも登場!?『ストリートファイターV アーケードエディション』新コンテンツ・DLCの詳細情報

アクセスランキングをもっと見る

page top