統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供

ユニティ・テクノロジーズは同社が手がけるマルチプラットフォーム向け統合開発環境の最新版『Unity 5』が本日よりリリースされた事を発表しました。

ニュース 発表
統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供
  • 統合開発環境「Unity 5」がリリース、全ての機能が使える無料版も提供

ユニティ・テクノロジーズは同社が手がけるマルチプラットフォーム向け統合開発環境の最新版『Unity 5』が本日よりリリースされた事を発表しました。Unity 5では多くの改良が施されていますが、価格モデルにも大きな変更が加えられています。

Professional Edition」ではUnity 5の全機能に加えて、チームライセンス、Unity Cloud Build Proの12ヶ月サブスクリプション、Unity Analytics Pro(現在はベータ段階)、Game Performance Reporting(現在はプレビュー段階)、Asset Store Level 11(無料アセットのコレクションが毎月利用可能)、プレビュー版及びベータ版へのアクセス、収益制限及び収益シェアなしを特色としており、価格はUnity 4と同じくサブスクリプションが月75ドル、永久ライセンスが1,500ドルです。

Personal Edition」は収入及び資本金が100,000ドル未満のプロフェッショナル開発者、インディー開発者、愛好家、スタジオ向けのエディションで、「Professional Edition」と同様のUnity 5エンジン機能、エディタ機能が全て利用可能。価格は無料でロイヤリティも無料となっています。

両エディションの詳細な比較は公式サイトに掲載されているので、気になる方は要チェックです。昨日にはEpic Gamesの「Unreal Engine 4」の無料化が発表されており、今後ますますインディーゲームの開発が盛り上がるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

    『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

  2. 3Dレーシングアクション『Ricky Runner: SUPERBOOT CUP』11月にSteam早期アクセス開始

    3Dレーシングアクション『Ricky Runner: SUPERBOOT CUP』11月にSteam早期アクセス開始

  3. 恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』アップデートにより日本語に対応!

    恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』アップデートにより日本語に対応!

  4. PC版『Warframe』新オープンワールド拡張「Fortuna」 国内でも11月に無料配信!PS4/XB1版は今冬に

  5. 地獄ホラー無規制版『Agony UNRATED』正式発表! 多数の新要素も追加

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. セガサターン仕様のハイレゾプレーヤー「CT10 セガサターン」発売決定!初期型カ/後期型カラー、各限定500台

  8. 『フォートナイト』パッチノートv5.30―PvE「世界を救え」日本語版が早期アクセス開始!

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  10. PS Store「ハロウィンセール」100タイトル以上が最大85%OFF!「PS Vitaタイトルセール」も

アクセスランキングをもっと見る

page top