Ubisoftが医師の処方箋を必須としたゲームを開発中―GDC 2015で発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ubisoftが医師の処方箋を必須としたゲームを開発中―GDC 2015で発表

Ubisoftより、GDC 2015で医師の処方箋なしにはプレイができないゲームを開発中であることが発表されました。『Dig Rush』と呼ばれるこのゲームは弱視の治療を助けるもので、古い3Dメガネ、いわゆる雑誌の付録などに付いていた赤と青のメガネを利用してプレイします。

ニュース 発表
Ubisoftが医師の処方箋を必須としたゲームを開発中―GDC 2015で発表
  • Ubisoftが医師の処方箋を必須としたゲームを開発中―GDC 2015で発表
  • Ubisoftが医師の処方箋を必須としたゲームを開発中―GDC 2015で発表

Ubisoftより、GDC 2015で医師の処方箋なしにはプレイができないゲームを開発中であることが発表されました。『Dig Rush』と呼ばれるこのゲームは弱視の治療を助けるもので、古い3Dメガネ、いわゆる雑誌の付録などに付いていた赤と青のメガネを利用してプレイします。

医師から処方されたタブレットと3Dメガネを利用し、プレイヤーは鉱夫となり、宝を探して危険な洞窟を探検します。ゲームのほぼ全てがモノクロで描かれており、自身が操作するキャラクターと敵、目標が様々な色で描かれており、両目で見なければ見えないようになっています。赤と青それぞれの色で描かれたものどちらもクリアに必要なため、片目だけで見ている場合にはクリアができません。ステージはそれぞれ三ツ星で評価されるようになっています。

本ゲームはMcGill大学の研究を利用して作られており、同大学でも似たようなものを使用した結果、弱視の患者の90%が1日1時間のプレイをするだけで、4~6週間で回復の傾向を見せたとのこと。

問題のない人がプレイすることはなさそうですが、ゲームで目が治療できるという現実が近づいてきているようです。

《kuma》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

    ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

  2. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

    ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  3. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

    不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

  4. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  5. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  6. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に! 第19回「GDC Awards」受賞作品リスト

  7. 『The Walking Dead: The Final Season』最終EP「Take Us Back」トレイラー!クレメンタインの旅が完結

  8. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  9. インディーゲームアワード「IGF Awards」第21回受賞作品決定!大賞は『Return of the Obra Dinn』

  10. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

アクセスランキングをもっと見る

1
page top