AMDがVR用SDK「LiquidVR」を発表―低トラッキングレイテンシーや高いデバイス互換性 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AMDがVR用SDK「LiquidVR」を発表―低トラッキングレイテンシーや高いデバイス互換性

AMDはVR用SDK(Software Development Kit)の「LiquidVR」を発表しました。本SDKはAMDのグラフィックボードが必須ではありますが、トラッキングレイテンシーの改善やデバイス間の互換性、コンテンツのクオリティの上昇が可能とのこと。

ニュース 発表
AMDがVR用SDK「LiquidVR」を発表―低トラッキングレイテンシーや高いデバイス互換性
  • AMDがVR用SDK「LiquidVR」を発表―低トラッキングレイテンシーや高いデバイス互換性

AMDはVR用SDK(Software Development Kit)の「LiquidVR」を発表しました。

AMD製グラフィックボードが必須の本SDKでは、トラッキングレイテンシーの改善やデバイス間の互換性、コンテンツクオリティの上昇が実現。シミュレーション、ゲーミング、エンターテインメント、学習、ソーシャルメディアまで様々な分野において全く新しいレベルで表現すると謳っています。

特徴的な4つの機能が前面に打ち出されており、
1. 非同期シェーダーでトラッキングレイテンシーを最小化
2. マルチGPUでのスケーラブルなレンダリング
3. Latest data latchでAPIのオーバーヘッドとレイテンシーを最小化
4. Direct-to-displayでプラグアンドプレイでの手軽なVR体験
で、より快適で高性能なVR体験が可能になるとしています。

AMDのソフトウェアとハードウェアを同時に使用することで、トラッキングレイテンシーを10ms以下に抑えることが可能。よりリアルな表現と感覚を体験するのには重要な部分で、頭を回転させて追従するのに数msかかるのは、歪んで見えるのには充分過ぎる時間だ、と強調しています。

本SDKを用いることで、低レイテンシーを実現し、遅延による3DVR酔いを防ぐことができます。また高解像度で100Hzの高いリフレッシュレートを維持するのは、マルチCPU/GPUを利用することで簡単になります。拡張しやすい動作環境を提供できるSDKが、この「LiquidVR」だとのことです。

Liquid VRの詳細な情報については、追ってお伝えします。
《kuma》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

    『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  2. ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

    ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

  3. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

    ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  4. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

  5. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  6. インディーゲームアワード「IGF Awards」第21回受賞作品決定!大賞は『Return of the Obra Dinn』

  7. 『The Walking Dead: The Final Season』最終EP「Take Us Back」トレイラー!クレメンタインの旅が完結

  8. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  9. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  10. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に! 第19回「GDC Awards」受賞作品リスト

アクセスランキングをもっと見る

1
page top