海外ファン長年の疑問が解決!日本版『DmC』トレイラーで使用されていた謎のBGMの正体とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ファン長年の疑問が解決!日本版『DmC』トレイラーで使用されていた謎のBGMの正体とは

カプコンの人気アクションシリーズ新作『DmC Devil May Cry』ですが、海外でにわかに注目を浴びていたTGS 2011トレイラーのBGMが無償で提供されています。

ニュース 最新ニュース
海外ファン長年の疑問が解決!日本版『DmC』トレイラーで使用されていた謎のBGMの正体とは
  • 海外ファン長年の疑問が解決!日本版『DmC』トレイラーで使用されていた謎のBGMの正体とは

2011年に公開されたTGS 2011トレイラー

2013年1月にPC/PS3/Xbox 360版が発売、今月の10日には海外で新世代機版『DmC Devil May Cry: Definitive Edition』の登場も控えているカプコンの人気アクションシリーズ新作『DmC Devil May Cry』ですが、海外でにわかに注目を浴びていたTGS 2011トレイラーのBGMが無償で提供されています。

現在までファンの間で詳細を知るものは現れず、オフィシャルフォーラムなどで質問が絶えなかったとするこの曲ですが、カプコンのGregaMan氏によるとこの曲は“The Roar Within”と呼ばれ、かつてカプコンに所属していた『Devil May Cry』シリーズと縁深い作曲家の柴田 徹也氏が手掛けた音楽とのこと。さらにこの曲はTGS 2011トレイラーだけに使用されたレアな音源なのだそうです。

ファイルはZip形式で配布されており、音楽ファイルのほか、作詞を担当したDonna Burke氏のリリックもテキストファイル形式で収録されています。トレイラー内でしか聴く事が出来なかったレアな音楽に今一度耳を傾けてみるのも良いかもしれません。
《Round.D》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. クリフB、ゲーム開発からの撤退について更なるコメント―「2年間自身へ給料を支払うことはなかった」

    クリフB、ゲーム開発からの撤退について更なるコメント―「2年間自身へ給料を支払うことはなかった」

  2. 『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

    『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

  3. 『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

    『フォートナイト』がGOTY!「2018 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト―生涯功労賞は宮崎英高氏

  4. 噂:Xbox Oneにディスクドライブレス新型が登場、既存パッケージ版のデジタル版への交換サービスも―海外メディア報道

  5. 『Fallout 76』日本国内からのアトムの購入は発売時点で不可能と発表

  6. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  7. 噂: 今後のSteam大型セール実施日程が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. ゾンビサバイバル『DayZ』が400万本セールス達成―ベータ突入後にアクティブプレイヤー増加

  9. クリスマス限定版「NEOGEO mini」発売決定! 従来版を上回る48タイトル収録

  10. 『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「Nomad」国内トレイラー!この能力は一体…

アクセスランキングをもっと見る

page top