『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン

3月4日、SCEのSSJ品川ビルにてPlayismのパブリッシングによるPlayStation向けインディータイトルのお披露目会が行われました。座談会の様子は別の記事でお伝えしましたので、ここではお披露されたタイトルのプレイレポートをお届けします。

家庭用ゲーム PS4
『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
  • 『アスタブリード』から学生作品まで―PLAYISM x PlayStation注目国産インディーハンズオン
3月4日、SCEのSSJ品川ビルにてPlayismのパブリッシングによるPlayStation向けインディータイトルのお披露目会が行われました。当日は開発者を交えた座談会と共にハンズオンが開催。座談会の様子は別の記事でお伝えしましたので、ここではお披露されたタイトルのプレイレポートをお届けします。

『TorqueL』 by FullPowerSideAttack.com



TorqueL』は箱の中に入った紳士を動かす2Dアクション。方向キーを動かすと箱は回転、4つのボタンを押すと箱の4方向が伸びます。操作に慣れないうちは思ったように動かず、独特のイライラ感を楽しむタイプのゲーム。ステージには即死トラップや回転する足場などが設置されており、それらを乗り越えてゴールを目指します。

2013年にプロトタイプ版がPCでリリース。IndieCadeやE3、文化庁メディア芸術祭などで出展を行い、国内外で評価されてきました。PS 4とPS Vitaでは昨年12日24日にリリース。Playismがパブリッシュする最初のタイトルとなりました。

『Prismatic Solid』 by YO1 KOMORI



Prismatic Solid』はもともとXbox 360のインディーズゲームとしてリリースされたシューティングゲーム。横画面の縦スクロールシューティングで6つの武装を使い分けてステージを攻略します。見た目は立方体を多用した抽象的な雰囲気。音楽は細江慎治氏と佐宗綾子氏という有名コンポーザーが手がけています。

PS 4版は今年の2月に発売。オリジナルのバージョンにボスラッシュモードなどが追加されています。シューティングとしては難易度は比較的低く、武器の切り替えとオプションによる防御をうまく使っていくと1周クリアは簡単。上級者には高難易度の周回プレイが用意されています。

『CroixleurΣ』 by スーベニア



CroixleurΣ』は同人ゲームとしてリリースされた魔法少女ものアクションゲームのリメイク作です。同じタイトルのPC版はSteamやPlayismでも配信されていますが、先日リリースされたばかりのPS 4版はグラフィックスなどを全面的にブラッシュアップ。さらに操作キャラクターが2人追加、合計4人の少女で遊べます。

内容はゲームモードによって異なりますが、基本的にアリーナ状のステージに現れるすべてのモンスター倒していきます。キャラクターには4つの武器を装備させ、それぞれ異なる必殺技が使用可能。操作はジャンプ、ダッシュ、攻撃、必殺技とオーソドックスですが、慣れてくるとスピーディーに敵を処理できます。

『アスタブリード』 by えーでるわいす



アスタブリード』は2013年末にPC版でリリースされた美麗な3Dグラフィックスのロボットアクションシューティング。現在はPlayismやSteamでも販売されており、国内外でも評価が高い作品です。3月19日にリリースされるPS 4版ではグラフィックスやステージ構成などを見なおしたバージョンとなっています。



中でも一番の変化はPS 4に最適化された操作系。特に右のアナログスティックを利用したロックオン攻撃が非常に使いやすく、PC版と比べると格段に遊びやすくなっています。また操作に合わせて敵の編成などのレベルデザインを検討。シューティングが苦手な方でも派手な演出の中、敵を殲滅する爽快感が味わえます。

『Bot!』 by AimedFreedom



Bot!』はデジタルハリウッドの学生チームによるステルスアクションゲームです。Unreal Engine 4を使用したグラフィックスはクオリティが高く、暗い倉庫や工場を舞台に可愛いロボットが活躍します。操作は移動やジャンプの他、ダンボールへの変身のみ。攻撃がまったくできないという制限された状況の中、うまく警備ロボットの目を避けてステージをクリアしていきます。

ビジュアルからサウンドまでデジタルハリウッドの学生が担当していますが、その出来栄えには驚きを感じます。特にロボットのデザイン、工場の雰囲気などが良く、海外のインディー作品に負けてはいません。ステルスゲームとしては『メタルギア』シリーズに影響を強く受けているとのことですが、「攻撃ができない」という特徴をレベルデザインにどう活かしていくが今後の決め手になりそうです。『Bot!』は2015年内に発売予定です。
《Shin Imai》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  3. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

    スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  4. 超現実ノスタルジックADV『The Gardens Between』配信開始! 時間を操り島の秘密を解き明かせ

  5. 【吉田輝和のTGS絵日記】PS4最新作『Days Gone』を一足先に体験!数の暴力は恐ろしい…

  6. 『レッド・デッド・リデンプション2』には一人称視点モードが搭載!―海外ハンズオンで判明

  7. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤原シシンさんが語るコメンタリー動画が公開

  8. 自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

  9. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  10. 『バイオハザード RE:2』クレア編の試遊デモハンズオン―進化したビジュアルと恐怖、そして気高く強いクレアを体験せよ!【TGS 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top