BioWare開発中止タイトル『Shadow Realms』の詳細や映像がUnseen64で公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BioWare開発中止タイトル『Shadow Realms』の詳細や映像がUnseen64で公開

2014年のgamescomにて発表されたものの、今年2月に開発中止が伝えられたBioWareの新作オンラインマルチプレイヤーゲーム『Shadow Realms』ですが、匿名の元開発者らが明かした本作のディテールがUnseen64にてまとめられています。

PC Windows
BioWare開発中止タイトル『Shadow Realms』の詳細や映像がUnseen64で公開
  • BioWare開発中止タイトル『Shadow Realms』の詳細や映像がUnseen64で公開
  • BioWare開発中止タイトル『Shadow Realms』の詳細や映像がUnseen64で公開
  • BioWare開発中止タイトル『Shadow Realms』の詳細や映像がUnseen64で公開

2014年のgamescomにて発表されたものの、今年2月に開発中止が伝えられたBioWareの新作オンラインマルチプレイヤーゲーム『Shadow Realms』ですが、匿名の元開発者らが明かした本作のディテールがUnseen64にてまとめられています。


  • 4vs1のオンラインマルチプレイヤー経験としてBioWare Austinが2013年後半に発案し、2014年初頭にフルプロダクション開始。

  • 同じく4vs1の『Evolve』とも比較されたが、お互いが完全に独立して考え出された事を強調。

  • 舞台は地球とは別に“Embra”と呼ばれるパラレルワールドが存在する世界。

  • ウェアウルフ、ガーゴイル、レイスに加えて、ゾンビや『Dragon Age: Inquisition』で没になったモンスターも登場した。

  • ゲームは強力な能力を手に入れた21世紀の若者たちが、地球を脅かすEmbraと闇の勢力に立ち向かう物語が描かれていた。

  • トレイラーは実写シリーズでの展開が計画され、2014年8月13日に最初の映像が公開

  • 概念レベルでは現代とファンタジーの様式の並置に焦点が当てられた。幾つかのミッションでは戦士が影の領域に向かうが、オフィスビルや地下鉄などの現実世界も登場した。

  • 豊富なキャラクターカスタマイズも用意されており、フード付きパーカーのような現代の衣服に、中世のアーマーパーツを装備する事も可能だった。

  • プロダクトプレイスメントは存在しなかったが、登場する大部分の衣服は実在のブランドを模していた。

  • 多様性は開発における主要な要素で、キャラクター作成ツールでは民族、体型、アクセサリー、タトゥー、悪魔の角まで、広範囲のカスタマイズが可能だった。トランスジェンダーキャラクターの設定も含まれていた。


  • コアゲームプレイは4人のヒーローチームがプレイヤー制御の敵“Shadow Lord”と戦う、ダンジョン/アリーナ形式のミッションとしてデザイン。これらは別ルートや隠された分捕品エリアを時折含む、ほぼ直線の環境だった。

  • ヒーローステージを戦いながら進み、ボスを倒すのが目的。Shadow Lordはあらゆる力でそれを防ぐのが目的。

  • Shadow Lordは直接攻撃に加えて、トラップの設置やNPCのモンスターを召喚可能。

  • 各クラスはアンロック可能なアタッチを備えた独自のスキルプログレッションを持っていた。

  • 人間のキャラクターは8つの異なるクラスタイプに分けられていた。武器は選択可能だが、全てのヒーロークラスは固定された魔法が使用できた。

  • Free-to-Playになる予定だった。全てのマルチプレイヤー体験は無料でアクセスでき、プレミアム通貨でより早くアンロックが可能だった。

  • シングルプレイヤー要素も検討されたが、結局搭載されなかった。

  • リリース後は数年間にわたり無料/有料の拡張を行う計画があった。


本作はなかなか興味深い設定やゲームプレイを持っていましたが、イベントでデモをプレイしたユーザーの反応はあまり良くなく、その後パブリッシャーEAからの信頼も徐々に失われてしまい、最終的な開発中止に繋がってしまったようです。


Unseen64では多数のコンセプトアートやスクリーンショット、より詳細な情報が掲載されているので、興味がある方は訪れてみてはいかがでしょうか。
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

    『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

  2. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  3. 近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

    近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

  4. 『原神』修正された「ヌヴィレット」の高速回転バグ、批判続出でロールバックへ―「登場後のキャラ修正は、どのような意図でもユーザーを傷つけてしまう」

  5. オープンワールド・アクションRPG『S.T.A.R.W.I.E.L.D.』Steamで現地時間8月1日リリース―未知の惑星でバイク!ビール!カニ!ショットガン!あとバナナ!

  6. 『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

  7. 基本プレイ無料ACT『Metal Slug: Awakening』Steam版配信!再集結した「メタスラ」ヒーローたちを操り仲間達と強敵やミッションに挑め

  8. 「闇」にクラスチェンジした姿はクール!『聖剣伝説 VISIONS of MANA』探索や戦闘を盛り上げる“3つの新クラス”が判明

  9. 高度に再現されたPC-98時代の雰囲気を日本語で!美少女系SFRPG『STARVEIL PROTOCOL A.A.A.』日本語対応を発表

  10. 『オーバーウォッチ 2』新ヒーロー「ジュノ」お披露目! 浮遊感溢れるサポートヒーロー

アクセスランキングをもっと見る

page top