『Half-Life』の続編は? ゲイブがValveのゲーム開発プランに言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Half-Life』の続編は? ゲイブがValveのゲーム開発プランに言及

Half-Life』シリーズや『Dota 2』、『Team Fortress』など多数のゲームを開発したValve。同社のボス ゲイブ・ニューウェルと開発事業リーダーErick Johnson氏がGeoff Keighley氏のポッドキャスト「GameSlice」に出演し、Valveのゲーム開発プランを語りました。

ニュース ゲーム業界
『Half-Life』の続編は? ゲイブがValveのゲーム開発プランに言及
  • 『Half-Life』の続編は? ゲイブがValveのゲーム開発プランに言及
『Half-Life』シリーズや『Dota 2』、『Team Fortress』など多数のゲームを開発しながらも、最近ではSteam OSやVRデバイスなどに注力し、ゲーム開発から少し遠ざかっている印象があるValve。同社のボス Gabe Newell氏(ゲイブ・ニューウェル)と開発事業リーダーErick Johnson氏がGeoff Keighley氏のポッドキャスト「GameSlice」に出演し、Valveのゲーム開発プランを語りました。

Keighley氏に「既存のフランチャイズを利用したゲームを、また作ることがあるのですか?」との質問を受けたニューウェル氏。『L4D』などを例に出し、それら全てのゲーム、全てのキャラクター、ユニバース、ストーリーラインを愛しており、ゲームを作る機会は不足していないと語った上で、ゲームと技術開発を並行して行うことが重要であると説明。それらを戦略的に考えたいと述べています。

続けて、Valveの中でゲームのフランチャイズそれぞれをツールと認識しており、適切なタイミングで適切なツールを選びたいと語りました。また、新しい挑戦をする時は、その時に最も有用なフランチャイズを選ぶ傾向にあると説明し、Valveの求めるものが必ずしもファンの要望に応えるものではないと語っています。

一方で、ニューウェル氏は先日亡くなったSF小説作家テリー・プラチェット氏のファンであることを明かし、偉大な「ディスクワールド」の続きを見ることが出来ない悲しみは、Valveのファンが抱いているものと同じだと理解を示しました。

また、Valveが多くのことを学習しており、あまりに多くの興味深いものがあるため、過去に遡るつもりは無いと断言。しかし、必ずしも『Half-Life』シリーズのようなフルプライスの古いタイプのゲームを作らないというわけではなく、Valve内部で多くの人が望み、合理的な理由を説明できる場合にのみ、そうしたゲームを作るだろうと語っています。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

    『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  2. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

    『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

  5. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  8. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  9. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

1
page top