『Killing Floor 2』はCEROを通して一部表現が削除される可能性が報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Killing Floor 2』はCEROを通して一部表現が削除される可能性が報告

4月21日よりSteam早期アクセスの実施を予定しているCo-opサバイバルシューター『Killing Floor 2』ですが、デベロッパーのTripwire Interactiveは特定地域でのレーティング審査に関する情報を明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
『Killing Floor 2』はCEROを通して一部表現が削除される可能性が報告
  • 『Killing Floor 2』はCEROを通して一部表現が削除される可能性が報告
  • 『Killing Floor 2』はCEROを通して一部表現が削除される可能性が報告

4月21日よりSteam早期アクセスの実施を予定しているCo-opサバイバルシューター『Killing Floor 2』ですが、デベロッパーのTripwire Interactiveは特定地域でのレーティング審査に関する情報を明らかにしました

コミュニティーマネージャーのJared Creasy氏によれば、ドイツとオーストラリアではその国の審査機関(ドイツはUSK、オーストラリアはOFLC)の基準で一部のゴア表現が削除される可能性が高いとの事。また、現時点では未知数ながら、日本においてもゴア表現の一部削除(CERO経由)の可能性があると伝えられています。

ゲームに爽快感をもたらすド派手なゴア表現が特色の『Killing Floor 2』だけに、表現の削除には多くのゲーマーが反感を示すかもしれません。現時点ではまだ決定ではないので、今後の続報に要注目です。ちなみに日本国内においては、ソニー、Microsoft、任天堂、3社のコンソールでゲームを発売するにはCEROの審査を通過する必要がありますが、PCゲームに関してはこの限りではありません。

そのため、4月14日にリリースされたPC版『Grand Theft Auto V』は海外版準拠の“表現規制なし”となり、多くのPCゲーマーが胸を撫で下ろしました。一方、CEROの審査を通し国内コンソール版準拠の“表現規制あり”でリリースされたPC版『Dying Light』にはプレイヤーから批判の声があがっており、表現規制に関する問題が浮き彫りになっています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

    『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  2. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

    『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  3. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

    『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

  4. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  5. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  6. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  7. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  8. 『Apex Legends』1.1.1アプデ配信ージブラルタル/コースティックにダメージ軽減パッシブ追加、スナイパーライフル上方修正など

  9. 『ディビジョン2』8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」含むタイトルアップデート3が5月に延期

  10. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

アクセスランキングをもっと見る

1
page top