海外サイトが選ぶ『歴代ストラテジーゲーム』TOP50 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『歴代ストラテジーゲーム』TOP50

プレイヤーが指揮官となり、大多数の艦隊から一人の人間までを指示して勝利を目指すストラテジーゲーム。海外メディアRock,Paper,Shotgunはトップ50のストラテジータイトルを選出しました。

ゲーム文化 カルチャー
海外サイトが選ぶ『歴代ストラテジーゲーム』TOP50
  • 海外サイトが選ぶ『歴代ストラテジーゲーム』TOP50


プレイヤーが指揮官となり、大規模な軍勢や国家そのものを操り勝利を目指すストラテジーゲームジャンル。海外のPCゲーム専門メディアRock, Paper, Shotgunが、歴代のストラテジー作品からトップ50を選出しています。

今なお根強い人気を持つFiraxis Gamesの『Civilization IV』や『Alpha Centauri』、Paradox Softwareの『Crusader Kings II』、戦国時代の日本を舞台にしたCreative Assemblyの『Total War: Shogun 2』。さらにHaemimont Games開発の独裁者シム『Tropico IV』やMaxis開発の都市計画シムの『SimCity 4』と戦闘特化から内政中心、そしてターン制からリアルタイムまでの幅広いタイトルが選ばれています。以下選出タイトルです。

    1.『Civilization IV』
    2.『Alpha Centauri』
    3.『Crusader Kings II』
    4.『Supreme Commander: Forged Alliance』
    5.『King of Dragon Pass』
    6.『UFO: Enemy Unknown』
    7.『Total War: Shogun 2』
    8.『Endless Legend』
    9.『Homeworld』
    10.『Jagged Alliance II』
    11.『Europa Universalis IV』
    12.『XCOM: Enemy Unknown』
    13.『Distant Worlds: Universe』
    14.『Dominions IV』
    15.『Solium Infernum』
    16.『Master of Orion II』
    17.『Neptune’s Pride』
    18.『Company of Heroes』
    19.『Panzer Corps』
    20.『Men of War』
    21.『StarCraft II』
    22.『Unity of Command』
    23.『DEFCON』
    24.『Galactic Civilzations 2』
    25.『AI War』
    26.『Dwarf Fortress』
    27.『Gary Grigsby’s War in the East』
    28.『Rise of Nations』
    29.『Warhammer 40K: Dawn of War』
    30.『Wargame: AirLand Battle』
    31.『Championship Manager: Season 01/02』
    32.『Startopia』
    33.『SimCity 4』
    34.『Warcraft III』
    35.『Age of Wonders II』
    36.『Tropico IV』
    37.『M.U.L.E.』
    38.『Frozen Synapse』
    39.『Heroes of Might and Magic III』
    40.『Combat Mission: Battle For Normandy』
    41.『Myth』
    42.『Ground Control』
    43.『The Settlers II』
    44.『Battle for Wesnoth』
    45.『R.U.S.E.』
    46.『Warlords II』
    47.『Master of Magic』
    48.『Stronghold』
    49.『Rollercoaster Tycoon』
    50.『Transport Tycoon』

以上のようになっていますが、いかがだったでしょうか。Game*Spark読者の皆さんが選ぶベストストラテジー作品もコメント欄で教えてください。
《G.Suzuki》

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  5. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  6. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 【週刊トレハン】「歯ブラシでDOOMが動く」2024年2月25日~3月2日の秘宝はこれだ!

  9. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  10. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

アクセスランキングをもっと見る

page top