ポルノとゲームの過度な利用は男らしさの危機を招く?著名心理学者が警告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポルノとゲームの過度な利用は男らしさの危機を招く?著名心理学者が警告

ポルノとビデオゲームの過度な利用は男らしさの危機を招く、という著名心理学者の研究結果を英インディペンデント紙が報じています。

ゲーム文化 カルチャー
ポルノとゲームの過度な利用は男らしさの危機を招く?著名心理学者が警告
  • ポルノとゲームの過度な利用は男らしさの危機を招く?著名心理学者が警告
ポルノとビデオゲームの過度な利用は男らしさの危機を招く、という著名心理学者の研究結果を英インディペンデント紙が報じています。

これは、映画『es』の原案にもなった「スタンフォード監獄実験」の元責任者、スタンフォード大学名誉教授で心理学者のフィリップ・ジンバルドー氏の新著「Man (Dis)Connected」で語られているものです。同氏は、BBCのラジオ番組に出演した際に、米国の若い男性2万人を調査したところ、ポルノやビデオゲームを過度に利用している人は自室に閉じこもることが多く、社会から孤立しやすいと説明しました。


ジンバルドー氏は、2011年に行われたTEDの講演でも、インターネットやポルノ、ビデオゲームが若者の社会性や学校の成績と大きく結びついていると語っています。ビデオゲームやポルノは、現実の学校の授業や女性関係とは異なり、自身を拒むことがないために逃げやすい思考を生み、結果として男らしさが失われるのだとしています。さらに同氏は新著の中で、ポルノやビデオゲームを学校の性教育として学ばせるほうが良いと訴えています。

しかし、この記事に対してネットコミュニティでは、現在はネットの普及により部屋に閉じこもっても社会と関わることが可能であるという指摘や、どんなものでも過度に行えば社会性に問題が生じるのは当然だとする意見もあり、このジンバルドー氏の研究結果に対する反論も少なからず出ているようです。

教育や医療など各方面へのビデオゲームの活用が進む中、ジンバルドー氏の理論は議論の的となりそうです。
《Daisuke Sato》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そういえばあいつムービーない…?『ELDEN RING』“あのボス”のファン製カットシーン!【UPDATE】

    そういえばあいつムービーない…?『ELDEN RING』“あのボス”のファン製カットシーン!【UPDATE】

  2. 『ELDEN RING』の世界を再現する『マインクラフト』アドベンチャーマップ公開! 15時間以上のメインストーリーも用意

    『ELDEN RING』の世界を再現する『マインクラフト』アドベンチャーマップ公開! 15時間以上のメインストーリーも用意

  3. 『SIREN』の影響受けた現代日本サバイバルホラー『Brutal Japan | 猟奇の日本』早期アクセス開始!

    『SIREN』の影響受けた現代日本サバイバルホラー『Brutal Japan | 猟奇の日本』早期アクセス開始!

  4. 低反発素材の“三角頭”ぬいぐるみも!海外Fangamerで『サイレントヒル2』公式ライセンスグッズ3種が発売

  5. パンツも脱げるし殴り合いにもなる大人向け恋愛ADV『House Party』正式リリース日決定!

  6. プレイするたび運命が変わる都市迷宮サイコホラー『DarKnot』2022年内に早期アクセス開始予定

  7. Steam向けに復刻した『Glover』がN64向けで再び発売!サントラ付の豪華版も併せて予約が間もなく開始

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. Mod無し『マイクラ』で戦車をビルド!悪戯好きプレイヤーがビルディング・コンテスト中に召喚

  10. 海外ゲーマーが『Outlast』を27分53秒で100%クリア! 主人公の動きの方がホラーだよ

アクセスランキングをもっと見る

page top