世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転

ニュース ゲーム業界

世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転
  • 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転
  • 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転
  • 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転
  • 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転
  • 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転
ゲーム調査会社のNewzooは2015年版の「グローバルゲームマーケットレポート」を発行し、世界のゲーム市場は2014年の836億ドル(約10兆1200億円)から2018年には1133億ドル(約13兆7000億円)に成長すると予測しています。年平均の伸び率は7.9%となります。

市場の伸びを牽引するのはスマートフォン向けゲームです。同市場は2014年の245億ドル(約3兆円)から2018年には442億ドル(約5兆3500億円)まで年平均15.9%で成長すると予測されています。また、2018年にはゲーム市場全体の39%を占める予測。


2015年から2018年にかけての世界のゲーム市場の伸び

2018年の市場規模予想をプラットフォーム別に見ていくと、PCが412億ドルで全体の36%を占め引き続き最大の市場となる見通し。一方、家庭用ゲーム機(VR含む)は268億ドルで、シェアを27%に落とす見通し。パーソナルスクリーン(スマートフォン)は302億ドルで27%まで成長。フローティングスクリーン(タブレット、携帯ゲーム機)は13%を占める予測です。


2015年のプラットフォーム別の市場規模予測

地域別では2015年にも中国が米国を逆転し、世界最大のゲーム市場となる見通し。今年の市場規模は中国が222億ドル、米国が220億ドルとの予測。中国市場はデジタル販売が大半を占め、実に市場の97%、対して米国は72%です。逆転の原動力となるのはスマートフォン。米国では今年の伸びが13.4%と予想されるのに対して、中国は何と50%もの伸びが見込まれています。


2015年の地域別の市場規模予測


2015年の米国のプラットフォーム別の市場規模予測


2015年の中国のプラットフォーム別の市場規模予測

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: PC版『ヴァンキッシュ』登場か?―PC版『ベヨネッタ』で謎のアップデート

    噂: PC版『ヴァンキッシュ』登場か?―PC版『ベヨネッタ』で謎のアップデート

  2. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

    戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  3. 噂: 『Call of Duty: WWII』販促資料から発売日やβテストの存在が浮上…Co-opも搭載か

    噂: 『Call of Duty: WWII』販促資料から発売日やβテストの存在が浮上…Co-opも搭載か

  4. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  5. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  6. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

  7. 第二次世界大戦が舞台の最新作『Call of Duty: WWII』が近日正式発表!【UPDATE】

  8. ストリーマーOtofuがPCゲーム6時間生放送―『LoL』『ニーア オートマタ』をプレイ

  9. 噂: 『Call of Duty: WWII』のイメージが一時出現

  10. 戦慄ホラーパッケージ版『Outlast Trinity』グローバル販売はワーナーが担当

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top