【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か

ゲームのデジタル配信の市場は拡大、多数のプラットフォームが存在し、どこに提供するかはデベロッパーにとって悩みの種ですが、tinyBuild GamesのMike Rose氏は「The Turning Tide: Independent Game Sales in 2015」と題して、各市場の動向と2015年の見通しを語りました。

ニュース ゲーム業界
【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
ゲームのデジタル配信の市場は拡大していますが、多数のプラットフォームが存在し、どこに提供するかはデベロッパーにとって悩みの種です。特にインディーデベロッパーは何を選択すればいいか、tinyBuild GamesのMike Rose氏は「The Turning Tide: Independent Game Sales in 2015」と題して、各市場の動向と2015年の見通しを語りました。

Rose氏は確実なプラットフォームが無い時代であり、「良いゲームを作るだけではまだ道半ば」として、どうやって売るかを考える必要があると指摘。小規模なデベロッパーにとって最も身近なデジタル流通においても、バラエティ豊かになっていて、それぞれの良し悪しを見極めていく必要があると述べました。

■任天堂プラットフォームはWii Uが狙い目?

まずは任天堂プラットフォームです。Wii Uとニンテンドー3DSではいずれもeShopというデジタル配信の仕組みが整っています。特にWii Uではインディー作品の獲得に力を入れていて、昨年は約80タイトルがリリースされました。Rose氏は市場は小さいものの、「移植する価値はある」という開発者の声を紹介しました。


Wii Uの販売の見込み

一方で3DSは普及台数が大きく可能性があるものの、一般的にはPCで開発されているインディータイトルでは移植のコストが高く懸念されるとのこと。昨年は15タイトルのリリースに留まり、そのせいか任天堂からフィーチャーされる可能性は高いようです。日本語版を制作する事で大きな売上を上げたケースもあるようです。


3DSの販売の見込み

■PC(Steam)は最も大きな市場に

PCのデジタル配信プラットフォームとしての地位を確立したSteamの市場は大きい一方で、毎日平均した7本のゲームが新たに登場するという競争が厳しい世界でもあります。その分、値下げセール、Early Access、バンドルなど売上を伸ばすための手段も豊富に開拓がされていて、挑戦し甲斐のあるマーケットです。バンドルはGOGやHumble Bundleでは~10%程度売上を押し上げてくれるそうです。


Steamの販売の見込み

■スマートフォン市場は可能性はあるが競争が厳しい

モバイル市場は最も競争が激しい市場で、サクセスストーリーも多数あるものの、それはごく一部だとRose氏は指摘します。モバイルの特徴として、継続的なアップデートやイベントを行うゲームが主流になっているという点が挙げられ、そうした施策を打てる体制であれば優位、難しい小規模なチームでは難しい市場と言えるかもしれません。


スマートフォンの販売の見込み

■これから注目される次世代機

次世代機は台数は少ないものの、2015年の注目となりそうです。

Xbox One約1000万台、PS4は約1900万台。これから普及していくハードです。どちらも価格が比較的、高く保たれているというのはデベロッパーとして嬉しい点です。PS4ではPS Plusに加わる事ができれば大きいメリットがあるのではないかとRose氏は指摘しました。


Xbox Oneの販売の見込み


PS4の販売の見込み

このように多数のプラットフォームがあるものの、Rose氏は今年は次世代機における、特にPS4におけるインディーゲームに大きな可能性があるのではないかと予測。Wii Uは「移植する価値はある」、3DSは「検討してもいい」、モバイルは「厳しいが・・・当たればデカイ」とのことでした。

もちろんプラットフォームの選択だけで成否は決まらず、良いゲームを作るのは当然のことながら、どのようにメディアにアプローチしたり、YouTuberを巻き込むかも重要な観点となっていくとRose氏はコメント。2つのGamasutraの記事を紹介していました。「How to talk to the video game press in 2013 Exclusive」「How to get your game covered by YouTubers

記事提供元: インサイド
《インサイド》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 37 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

    PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  3. 高速トップダウンシューター『The Hong Kong Massacre』1月23日発売!―激しい銃撃戦のトレイラー公開

    高速トップダウンシューター『The Hong Kong Massacre』1月23日発売!―激しい銃撃戦のトレイラー公開

  4. 『JUMP FORCE』17キャラが使えるオープンベータテスト開始!バトルを紹介する指南動画4種も

  5. PS4日本語版『OVERKILL’s The Walking Dead』の発売日が無期延期―発売元と協議も…

  6. 『フォートナイト』への訴訟で話題のダンスエモート2種が『Forza Horizon 4』からも削除

  7. 『バイオハザード RE:2』にハンク&しっかり関西弁な豆腐が登場!「The 4th/豆腐 Survivor」情報が公開

  8. 『Anthem』「VIP体験版」が1月25日より3日間限定で配信―事前予約者/定額サービス加入者が対象

  9. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  10. 新作「ガンダム」ゲーム映像が1月22日に公開決定!前日に『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』でティーザー独占披露

アクセスランキングをもっと見る

page top