【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か

ゲームのデジタル配信の市場は拡大、多数のプラットフォームが存在し、どこに提供するかはデベロッパーにとって悩みの種ですが、tinyBuild GamesのMike Rose氏は「The Turning Tide: Independent Game Sales in 2015」と題して、各市場の動向と2015年の見通しを語りました。

ニュース ゲーム業界
【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
  • 【GDC 2015】デジタル配信、どのプラットフォームが良い?Wii Uや次世代機が狙い目か
ゲームのデジタル配信の市場は拡大していますが、多数のプラットフォームが存在し、どこに提供するかはデベロッパーにとって悩みの種です。特にインディーデベロッパーは何を選択すればいいか、tinyBuild GamesのMike Rose氏は「The Turning Tide: Independent Game Sales in 2015」と題して、各市場の動向と2015年の見通しを語りました。

Rose氏は確実なプラットフォームが無い時代であり、「良いゲームを作るだけではまだ道半ば」として、どうやって売るかを考える必要があると指摘。小規模なデベロッパーにとって最も身近なデジタル流通においても、バラエティ豊かになっていて、それぞれの良し悪しを見極めていく必要があると述べました。

■任天堂プラットフォームはWii Uが狙い目?

まずは任天堂プラットフォームです。Wii Uとニンテンドー3DSではいずれもeShopというデジタル配信の仕組みが整っています。特にWii Uではインディー作品の獲得に力を入れていて、昨年は約80タイトルがリリースされました。Rose氏は市場は小さいものの、「移植する価値はある」という開発者の声を紹介しました。


Wii Uの販売の見込み

一方で3DSは普及台数が大きく可能性があるものの、一般的にはPCで開発されているインディータイトルでは移植のコストが高く懸念されるとのこと。昨年は15タイトルのリリースに留まり、そのせいか任天堂からフィーチャーされる可能性は高いようです。日本語版を制作する事で大きな売上を上げたケースもあるようです。


3DSの販売の見込み

■PC(Steam)は最も大きな市場に

PCのデジタル配信プラットフォームとしての地位を確立したSteamの市場は大きい一方で、毎日平均した7本のゲームが新たに登場するという競争が厳しい世界でもあります。その分、値下げセール、Early Access、バンドルなど売上を伸ばすための手段も豊富に開拓がされていて、挑戦し甲斐のあるマーケットです。バンドルはGOGやHumble Bundleでは~10%程度売上を押し上げてくれるそうです。


Steamの販売の見込み

■スマートフォン市場は可能性はあるが競争が厳しい

モバイル市場は最も競争が激しい市場で、サクセスストーリーも多数あるものの、それはごく一部だとRose氏は指摘します。モバイルの特徴として、継続的なアップデートやイベントを行うゲームが主流になっているという点が挙げられ、そうした施策を打てる体制であれば優位、難しい小規模なチームでは難しい市場と言えるかもしれません。


スマートフォンの販売の見込み

■これから注目される次世代機

次世代機は台数は少ないものの、2015年の注目となりそうです。

Xbox One約1000万台、PS4は約1900万台。これから普及していくハードです。どちらも価格が比較的、高く保たれているというのはデベロッパーとして嬉しい点です。PS4ではPS Plusに加わる事ができれば大きいメリットがあるのではないかとRose氏は指摘しました。


Xbox Oneの販売の見込み


PS4の販売の見込み

このように多数のプラットフォームがあるものの、Rose氏は今年は次世代機における、特にPS4におけるインディーゲームに大きな可能性があるのではないかと予測。Wii Uは「移植する価値はある」、3DSは「検討してもいい」、モバイルは「厳しいが・・・当たればデカイ」とのことでした。

もちろんプラットフォームの選択だけで成否は決まらず、良いゲームを作るのは当然のことながら、どのようにメディアにアプローチしたり、YouTuberを巻き込むかも重要な観点となっていくとRose氏はコメント。2つのGamasutraの記事を紹介していました。「How to talk to the video game press in 2013 Exclusive」「How to get your game covered by YouTubers

記事提供元: インサイド
《インサイド》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

    『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  2. 『アズールレーン クロスウェーブ』発売日が8月29日に決定―予約特典で「ネプテューヌ」参戦

    『アズールレーン クロスウェーブ』発売日が8月29日に決定―予約特典で「ネプテューヌ」参戦

  3. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

    『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  4. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  5. ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

  6. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

  7. ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

  8. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  9. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  10. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top