海外ゲーマーが『The Witcher 3』超低画質プレイに挑戦!10年前のグラフィックに変貌 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ゲーマーが『The Witcher 3』超低画質プレイに挑戦!10年前のグラフィックに変貌

海外YouTubeチャンネルLowSpecGamerより、『The Witcher 3: Wild Hunt』や『Minecraft』『GTA V』を始めとした人気PCゲームを、超低画質設定でプレイする映像が公開されています。

メディア 動画
海外ゲーマーが『The Witcher 3』超低画質プレイに挑戦!10年前のグラフィックに変貌
  • 海外ゲーマーが『The Witcher 3』超低画質プレイに挑戦!10年前のグラフィックに変貌
  • 海外ゲーマーが『The Witcher 3』超低画質プレイに挑戦!10年前のグラフィックに変貌
  • 海外ゲーマーが『The Witcher 3』超低画質プレイに挑戦!10年前のグラフィックに変貌


海外YouTubeチャンネルLowSpecGamerより、『The Witcher 3: Wild Hunt』や『Minecraft』『GTA V』を始めとした人気PCゲームを、超低画質設定でプレイする映像が公開されています。

    CPU: デュアルコア 1.7GHz Intel Core i7-2637M
    RAM: 8 GB DDR3
    VIDEO: NVIDIA GeForce GT 540M
『The Witcher 3』プレイ映像序盤では、上記スペックのマシンによる動作状況が紹介されています。デフォルトのグラフィック設定ではモタつきがひどく、秒間5~6フレームほどになっていた模様。設定を調整しながら7~15fpsでの動作を実現するものの、それだけでは飽きたらず、外部コンフィグアプリケーションを用いながら更なるグラフィッククオリティーの低下に挑んでいます。



映像後半では30fps近くの動作を達成していますが、その解像度は800x600。影の演出は当然の如くカットされ、テクスチャーの質は10年以上前のゲーム機を彷彿とさせるレベルまで引き下げられる始末。もはや原型を留めていない領域に踏み入っています。



LowSpecGamerによる動画一覧ページでは、カートゥーン風のグラフィックスが特徴的な『Borderlands 2』や、大型Mod「Falskaar」を導入した『Skyrim』などの超低画質プレイ映像も公開中。それぞれの動画には、もはやエクストリーム級とも言える設定ガイドも紹介されています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

メディア アクセスランキング

  1. 歴代PSハードをイカれた映像群で復習だ!欧州PSブログで過去CMを一挙まとめ

    歴代PSハードをイカれた映像群で復習だ!欧州PSブログで過去CMを一挙まとめ

  2. 警備室ホラー最新作『Ultimate Custom Night』最高難度のクリア映像がどうかしてる

    警備室ホラー最新作『Ultimate Custom Night』最高難度のクリア映像がどうかしてる

  3. カワバンガ!『Injustice 2』新参戦キャラ「タートルズ」プレイトレイラー

    カワバンガ!『Injustice 2』新参戦キャラ「タートルズ」プレイトレイラー

  4. GLaDOSにも再会!『Bridge Constructor Portal』9分プレイ映像―Aperture Scienceで橋建設

  5. グラフィックが大きく進化! DS名作FPS『MOON』の3DSリメイク『Moon Chronicles』トレイラー

  6. 幻のプロトタイプ『バイオハザード1.5』の新たなフッテージが出現

  7. PC版『Conan Exiles』に和風な新DLC「日出ずる地の探究者パック」が配信!

  8. に…似てるのか…?『Fallout 4』で作成した実在人物/他作品のキャラクターたち

  9. 『Rocket League』のハチャメチャ新モード「Rumble」が発表!―愉快なパワーアップでカオスな試合に

  10. 世界の暴動を描く『RIOT: Civil Unrest』の正式リリース日が決定! コンソール版も登場へ

アクセスランキングをもっと見る

page top