ドイツ人男性が「ゲームをプレイし続ける」為に恋人に薬物投与、地裁から500ユーロの罰金課される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツ人男性が「ゲームをプレイし続ける」為に恋人に薬物投与、地裁から500ユーロの罰金課される

ドイツ在住のとある男性ゲーマーは、ゲームをプレイし続けたい為に元恋人女性を昏睡状態に陥らせた罪を認め、カシュトロップ・ラウクセル地方裁判所より500ユーロの罰金が課せられました。

ゲーム文化 カルチャー
(C)Getty Images
  • (C)Getty Images
ドイツ在住のとある男性ゲーマーは、ゲームをプレイし続けたい為に元恋人女性を昏睡状態に陥らせた罪を認め、カシュトロップ・ラウクセル地方裁判所より500ユーロの罰金が課せられました。

2014年8月某日、罪を認めた23歳の男性は友人とゲームに熱中していたとのこと。男性は友人とのゲームプレイを続ける為に、帰宅した当時の恋人の飲料に「4適か5適ほど」の薬物を混入させたと伝えられています。独メディアThe Localの報道によれば、被害を受けた元恋人は「夜中までゲームにのめり込むこと」を良く思っていなかったようです。ドイツ地裁はこれを「意図的な暴行」と判断し、男性に500ユーロ(約6~7万円)の罰金刑を言い渡しました。

薬物を飲まされた女性は事件翌日まで昏睡状態に陥っており、翌日の生活に響くほどの影響を受けていたとのこと。また、ドイツ裁判所が行ったテストの結果、女性の毛髪から証拠と思われる薬剤が検出されたとも伝えられています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

    カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  4. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  7. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  8. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  9. 『モンハン』15周年記念イベントへの来場で限定“初代”パッケージのPS4テーマを配布!謎に包まれた「黒龍 ミラボレアス」の設定資料も初公開

  10. 『マインクラフト』海外の凄腕プレイヤーが1ブロックも掘らずにエンダードラゴン討伐まで到達…窃盗、取引、クリーパー爆破を駆使

アクセスランキングをもっと見る

page top