13歳米国少年がスワッティング事件を自供―『Minecraft』ライバルプレイヤーを標的に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

13歳米国少年がスワッティング事件を自供―『Minecraft』ライバルプレイヤーを標的に

ゲーム文化 その他

13歳米国少年がスワッティング事件を自供―『Minecraft』ライバルプレイヤーを標的に
  • 13歳米国少年がスワッティング事件を自供―『Minecraft』ライバルプレイヤーを標的に

今年1月、南カリフォルニアに住む13歳の少年が、3件のスワッティング事件を引き起こしていたことが、地元警察の発表により明らかになったそうです。

スワッティングとは、警察へいたずらの通報をし、Twitchなどのストリーミングサービスで放送をしているユーザーの自宅へSWATを送り込むこと。本人だけでなく家族までもが危険にさらされるのはもちろん、最悪の場合銃で撃たれる可能性もあり、多くの人を命の危険にさらしてしまう行為です。

ベンチュラ郡保安官事務所のジーン・マルチネス保安官によると、その少年は責任が自分にあることを認めており、「不平を感じていたからやった」と語っているとのこと。この少年が引き起こしたスワッティングの事件のうちの1つは、ライバルの『Minecraft』プレイヤーを標的にしており、人質ごと家を爆破すると脅迫したものもありました。

その事件は南カリフォルニア州のカマリロ市でのこと。通報があった際には20人以上の警察官が駆けつけ、家を取り囲んでいました。通報者は「10人の人質が中におり、3万ドルを現金で持ってこないと内部から人質もろとも爆破する」と要求したとのこと。このような人質事件は特殊部隊を送り込んでいる、とマルチネス氏は述べています。

スワッティングはここ数年ブームとなっており、いたずらの通報でSWATチームが容疑者の家に突入することになります。Koopatroopa787ことジョシュア・ピーターもスワッティングを受けたユーザーのうちの一人で、小さい弟に対して銃が向けられたことに恐怖を覚えており、また、後日心境を吐露しています。彼に仕掛けた犯人、19歳のブランドン・ウィルソンはスワッティングの容疑で先月に逮捕されており、有罪と認められれば最高で懲役5年が下されます。

なお、3件のスワッティングを行った13歳の『Minecraft』プレイヤーの名前は年齢のため明かされていませんが、現在は両親の保護下にあり、4月には裁判を受けることになります。海外メディアでは『Minecraft』プレイヤーの引き起こした事件と広く報道されていますが、具体的に『Minecraft』が事件にどのように関与していたか、事実関係は明らかになっていません。

※記事本文をソースの内容に沿って修正・加筆しました。
《kuma》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

    「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

  2. 『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

    『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

  3. 『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

    『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

  4. 米女児向け45cm大ドールの新作アクセサリーは“Xbox One S”―Major Nelson氏も製品紹介

  5. 『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

  6. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  7. 海外ポルノサイトが『フォートナイト』イベントによる検索数への影響を発表ーあのNinjaも検索されてる?

  8. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

  9. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  10. 『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

アクセスランキングをもっと見る

page top