BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語

ーラスワールドワイド(Chorus Worldwide)は5月の東京インディーフェスに続き、京都ビットサミットにも参加。ユニークな作品『バートラム・フィドルの冒険(Adventures of Bertram Fiddle: Episode 1: A Dreadly Business)』を展示していました。

ゲーム文化 インディーゲーム
BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語
  • BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語
  • BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語
  • BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語
  • BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語
  • BitSummitで見つけた良質インディー『バートラム・フィドルの冒険』―ヘンテコ英国冒険家の物語

英国の良質なインディータイトルを、日本をふくむアジア向けにローカライズ/パブリッシングしている、コーラスワールドワイド(Chorus Worldwide)。同社は5月の東京インディーフェスに続き、京都ビットサミットにも参加。ユニークな作品『バートラム・フィドルの冒険(Adventures of Bertram Fiddle: Episode 1: A Dreadly Business)』を展示していました。


イギリスのアニメーションスタジオRumpus Animationsが手がける本作は、ロンドンを舞台に、冒険家バートラム・フィドルとお供のギャヴィンによるダークユーモアに満ちた事件解決物語を描く、王道のポイント&クリックアドベンチャーゲーム。SteamのPC版がすでに配信中で、ユーザーの評価も上々です。


BitSummit会場では、本作iOS版がタブレットでプレイアブル。製品版とほぼ同じ内容で、エピソード1のエンディングまでゲームを進められるというから驚き。もちろん、謎がすべて解ければ、の話ですが。

コーラスのPR担当、大柳竜児氏の話によると、「キモカワイイ」との声もあった独特の絵柄、説明不要のシンプルなゲーム性からか、とくに女性の来場者に人気で、中には本当にクリアしてしまったユーザーもちらほらいたのだとか。


『バートラム・フィドルの冒険 エピソード1』の配信時期は未定ながら、大柳氏いわく8月頃にはリリースできる見込みとのことです。
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

    天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  2. 『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発

    『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発

  3. 『バイオハザード ヴィレッジ』VR化Mod先行プレイ動画が公開―モーションコントローラーにも対応

    『バイオハザード ヴィレッジ』VR化Mod先行プレイ動画が公開―モーションコントローラーにも対応

  4. 『サイバーパンク2077』アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」の画像もちらり―6月6日開幕「Netflix Geeked Week」予告映像公開

  5. PC版『ELDEN RING』にNPCやボスを召喚できるMODが登場―狭間の地に旅の道連れ

  6. 『CoD: ヴァンガード』プレイヤーが不正行為で大会追放―実力証明用の配信が逆にチートを証明してしまう

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 性的にもオープンワールドな大人向け官能サバイバルRPG『Wild Life』のKickstarterが開始!

  9. 宿命のライバルが見つかるかも?『シャドウ・オブ・モルドール』に影響受けた『スカイリム』MOD「Shadow of Skyrim」が開発中

  10. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

アクセスランキングをもっと見る

page top