国産サンドボックスARPG『Airship Q』をレポート―元スクエニ開発者のインディー魂 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国産サンドボックスARPG『Airship Q』をレポート―元スクエニ開発者のインディー魂

連載・特集 特集

国産サンドボックスARPG『Airship Q』をレポート―元スクエニ開発者のインディー魂
  • 国産サンドボックスARPG『Airship Q』をレポート―元スクエニ開発者のインディー魂
  • 国産サンドボックスARPG『Airship Q』をレポート―元スクエニ開発者のインディー魂
  • 国産サンドボックスARPG『Airship Q』をレポート―元スクエニ開発者のインディー魂
  • 国産サンドボックスARPG『Airship Q』をレポート―元スクエニ開発者のインディー魂

京都市みやこめっせで開催されたBitSummit 2015 Return of the Indies。今回はミラクルポジティブがPS4/PS Vita向けに開発中の国産サンドボックスアクションRPG『Airship Q(エアシップQ)』を紹介します。

プロデューサーの加藤 拓氏、プログラマー中島 謙互氏、デザイナー草野 裕朗氏の元スクウェア・エニックスの開発者3人が4年前に開発を始めたという『Airship Q』。約2年前に国内のクラウドファンディングプラットフォームMakuakeで資金調達に成功した後、Cygamesから資金提供を経てPS Vita向けに本格的な開発がスタート。今年1月にはPS4版の開発も発表されています。


本作は『Terraria』や『Minecraft』にインスパイアされた作品で、見た目にもその雰囲気は感じ取れますが、プレイしてみるとサンドボックスも出来るアクションRPGという印象。1人用の「ストーリーモード」とマルチプレイの「クエストモード」があり、今回のBitSummitではPS Vitaのアドホック通信を使った「クエストモード」が初披露されていました。


クエストモードは最大4人のプレイヤーで「目標」を達成するモードで、「~に辿り着け」といった対戦チックな目標や、みんなで強力なモンスターを倒す協力的な目標などがあり、1回のゲームプレイはサクッと短めに設計されているとのこと。サンドボックスらしく複数の解法があり、その試行錯誤が楽しさを生みそうです。


今回のプレイでは見ることが出来ませんでしたが、『Airship Q』という名前だけあって、自由に設計できる「飛行船」も大きな要素。どういったゲームに仕上がるのか、完成が楽しみなタイトルです。

4年の年月を掛けて開発されている数少ない国産のサンドボックス『Airship Q』。加藤氏によると、現在は13人ほどで開発を行っており、開発状況は順調でPS Vita版は東京ゲームショー後の年内リリースを予定しているとのことです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top