考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ

ゲーム制作ツールの配布とツールを利用した作品を公開している「PICO-8」にて、ニヒルを感じるゲームが登場、その名も『Ennuigi』、主人公は世界的に有名な緑の弟らしいのですが…。

ゲーム文化 インディーゲーム
考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
  • 考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
  • 考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
  • 考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
  • 考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
  • 考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
  • 考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
  • 考える緑の弟を描く『Ennuigi』公開―どうして得体のしれないキノコを食べてデカくなるんだ
レトロチックなゲームの作成ができる仮想コンソール「PICO-8」で制作されたニヒルなゲームが登場しました。その名も『Ennuigi』、主人公は世界的に有名な緑の弟らしいのですが……。


左右矢印キーで移動、下で煙草をふかすことができる。


荒廃したゴールの砦の姿も


矢印キー上で主人公の独白を聞くことができる

ゲーム中では、主人公が自分におかれた境遇や体験を深く考え込んでいきます。なぜ国のお姫様を助け出すのに配管工が冒険しなければいけないのか、なぜ亀を踏まなきゃいけないのか、見るからに体に悪そうで喉に詰まりそうなキノコを食べなきゃいけないのか……。

この主人公の独白、このゲームの作者が実際に子供のころプレイしていた感想をそのまま投影しているらしいのですが、笑顔もマンマミーアともいわない主人公のキャラクター性とBGMが何ともマッチしています。


ジャンプが出来ないのでもちろんゴールも出来ない

『Ennuigi』が掲載されているLexaloffle Gamesでは、その他にもレトロ感溢れるフリーゲームが並んでいます。サイト内にある「Cartridges」では、ユーザーが作成したオーソドックスなシューティングやアドベンチャーの他に、トライ&エラーを繰り返して正解を導く『Across The River』や、ゆっくり流れる時間とBGMが楽しめる『Endless Train』など、「これは!」と惹かれるゲームが公開されています。


『Across The River』


『Endless Train』

最新のゲームに疲れたときや、ちょっと飽きてしまったとき、たまにはこのようなレトロ感あるゲームを探してみるのもいい刺激になるのではないでしょうか。
《Date_Test》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

    日本語でプレイするために1年間勉強を続けたという海外ゲーマーが話題に―日に4,5時間日本語に触れるという熱量

  2. 「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

    「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

  3. 最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

    最後にプレイしたゲームの世界で1年過ごせば億万長者!その過酷な暮らしを想像し武者震いする海外ゲーマー達

  4. また『DOOM』が予想外の機械に移植されてしまった―今度は電動歯ブラシに登場

  5. 日本人って語尾に「〇〇」ってつけてるの…?配信者好き海外ユーザーが感じたとある“勘違い”

  6. 2024年2月に世界で最も視聴されたTwitchストリーマートップ10に釈迦と加藤純一がランクイン…女性ランキングではぶいすぽっ!「橘ひなの」も

  7. 若い人にはわからない?昔は当たり前だったゲーマーの“慣習”いろいろ…説明書熟読から体験版ディスクまで、懐かしさに思いを馳せる

  8. 千葉のプロeスポーツチーム代表が“失踪”―チームは解散へ…『Apex Legends』や『スマブラSP』など4つの部門で計17名が新たなチームを探すことに

  9. 4月12日の配信迫るドラマ版「Fallout」は“ほぼ『Fallout 5』”!? 正史にも仲間入りする映像作品

  10. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

アクセスランキングをもっと見る

page top