米国「ゲームの墓場」から発掘されたタイトルのオークションが完了、10万ドル超の売上を記録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国「ゲームの墓場」から発掘されたタイトルのオークションが完了、10万ドル超の売上を記録

23年前に販売された伝説的ゲーム『E.T. The Extra-Terrestrial』を含む1,300本が「ゲームの墓場」から発掘され話題となっていましたが、その一部を販売したeBayオークションでの総売上が10万ドル超に上ったと、海外メディアより報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
米国「ゲームの墓場」から発掘されたタイトルのオークションが完了、10万ドル超の売上を記録
  • 米国「ゲームの墓場」から発掘されたタイトルのオークションが完了、10万ドル超の売上を記録
  • 米国「ゲームの墓場」から発掘されたタイトルのオークションが完了、10万ドル超の売上を記録
ニューメキシコ州に存在する「ビデオゲームの墓場」。23年前に販売された伝説的ゲーム『E.T. The Extra-Terrestrial』を含む約1,300本が発掘され話題となっていましたが、その一部を販売したeBayオークションでの総売上が10万ドル超に上ったと、海外メディアより報じられています。

発掘現場の監督者であったJoe Lewandowski氏によると、総売上10万7,930ドル15セントのうち、ニューメキシコ州アラモゴード市が6万5,037ドル78セント、Tularosa Basin Historical Societyが1万6,259ドル44セントを受け取ったとのこと。また、オークションを通した輸送費は2万6,000ドル以上に及んでいたとも明かしています。販売された881本の「発掘ゲーム」は米国内の45州、その他14カ国の落札者の手元に渡るようです。販売された「発掘ゲーム」には『アステロイド』『ミサイルコマンド』『センチピード』などが含まれており、1,535ドルで落札された『E.T. The Extra-Terrestrial』が最高額を記録したと伝えられています。

残されたタイトルのうち、100本は映画会社、23本は世界中の博物館に送られたとのこと。Lewandowski氏は新たな映像作品の制作も検討しており、残された297本のゲームは次回作のために販売する可能性があると語っています。同氏は9月中にもアラモゴード市職員と会談し、今後の動向を決定する方針です。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PornHub、『フォートナイト』ダウンタイム中の「ブラックホール」検索数が9,600%増加したことを報告

    PornHub、『フォートナイト』ダウンタイム中の「ブラックホール」検索数が9,600%増加したことを報告

  2. 派手過ぎないデザインが嬉しい「プレステキャリーケース」が新登場!キャスターホイールにまでPSロゴが印刷された、こだわりの一品

    派手過ぎないデザインが嬉しい「プレステキャリーケース」が新登場!キャスターホイールにまでPSロゴが印刷された、こだわりの一品

  3. デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

    デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

  4. Insomniac Gamesのクレイグ・グッドマン氏が逝去―『ラチェット&クランク』、『Marvel's Spider-Man』

  5. 雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

  6. 毎年恒例の祭典「PlayStation Awards 2019」12月3日開催!ユーザーズチョイス賞の投票受け付けスタート

  7. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  8. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  9. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top