【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の"今"を描く | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の"今"を描く

Assemblageと監督のAnne Ferrero(アン・フェレロ)は、9月19日に東京ゲームショウ2015の一環として開催されたインディーストリームにて、日本のインディーゲーム界の今を描いたドキュメンタリー「Branching Paths」を発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の
  • 【TGS 15】ゲームドキュメンタリー「Branching Paths」―国内インディー界の

Assemblageと監督のAnne Ferrero(アン・フェレロ)は、9月19日に東京ゲームショウ2015の一環として開催されたインディーストリームにて、日本のインディーゲーム界の今を描いたドキュメンタリー「Branching Paths(ブランチング・パス)」を発表しました。



本発表とあわせ、ティザー映像の公開や公式サイト、各種SNSがオープンされました。また、本ドキュメンタリーのシナリオと映像を制作する発端が説明されています。

    シナリオ
    日本のビデオゲーム業界はその創作性と斬新さで80年代から2000年代までのあいだ世界を牽引してきました。しかし、近年はテクノロジーの分野でその優位性を保てず、多くの日本の開発部は 奇抜なゲーム体験やリスクの高いプロジェクトを回避する方向へシフトを変えるようになりました。

    世界では、多くのプレイヤーが、少年少女時代に遊んだかつての刺激的でわくわくするゲームを待ち望んでいます。独創的で創造性の高い自由への希求を志す業界のベテランや才能ある若者たちは、独立するという答えに辿り着きました。

    日本には、独立したクリエイターが活気溢れるコミュニティーを生み出してきた歴史が、巨大なメディア企業が支配する業界の中にさえあります。コミックマーケット(コミケ)や、類似のイベントが百万人を越す参加者を年中魅了しているのです。

    ここ数年を経て、日本のゲーム業界はこのインディペンデント・クリエイターの影響力と、生まれ たばかりのシーンの勢いに着目し始め、2013年には、Tokyo Game Showが公で初めてインディークリエイターを主役に据えたブースを展開することになりました。

    しかし、日本のゲーム業界は実際に変わりつつあるのだろうか?独立の代償は何だろうか?なぜ日本の政府はこれらの貴重な活力へ投資や協賛をしないのか?これらは私たちが、このユニークなシーンだけでなくその根本にある文化をも理解するために得た疑問になります。

    その疑問に対する答えからは、芸術的な表現を模索する苦しみのみならず、生き残りを賭けた葛藤の物語が伝わってきます。

    プロジェクトの発端
    2013年の夏、私はその年のCEDEC (コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス)にて、フランスのゲーマーが日本のゲームをどう思ってきたのか言葉を交わす機会を得た。私たちは6400人を対象に、日本のゲームに何を求めているかと尋ね、彼らからほぼ例外なく”クレイジーさ、自由、そして独立精神”という回答を得ることとなった。

    その頃、Onion Gamesの木村祥朗氏から、彼が新しく設立したスタジオを海外顧客に紹介するプロモーションビデオを作らないかとお話をいただいた。

    私たちは木村氏がインディーデベロッパーに取材していくビデオブログシリーズのプロトタイプをいくつか制作することとなったが、私はこのインタビューシリーズのために出資者や賛同者を集めてはどうかと考えるようになり、東京のとあるプロダクション会社のプロデューサーへプロトタイプを見せた。

    それがAssemblageだが、同社は比較的まだ日の光を浴びていない日本のインディペンデント・デベロップメント・シーンを映す等身大のドキュメンタリーとしてこのプロジェクトに賛同し、協力してくれることになった。最終的にこのドキュメンタリー制作はそこから2年間をかけて徐々に進められ、ようやく完成に近づいている。
    ――アン・フェレロ、ディレクター

「Branching Paths」は2016年1月公開予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

    『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  2. 『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

    『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

  3. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  4. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  5. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  6. 海中を冒険するダイビングシム『Deep Diving Simulator』配信日決定!

  7. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  8. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  9. 「Bloodborne: The Board Game」Kickstarter開始!開始数時間で1億円近くの支援達成

  10. 『PUBG』ネパールで禁止撤回の動き―「表現の自由」制限必要な内容でないと判断

アクセスランキングをもっと見る

1
page top