捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル

ゲーム文化 インディーゲーム

捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル
  • 捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル
  • 捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル
  • 捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル
  • 捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル
  • 捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル
  • 捨てられた犬を描くオープンワールド『Home Free』Kickstarter開始―市街サバイバル

ニューヨーク在住のクリエイターKevin Cancienne氏は、オープンワールドサバイバル『Home Free』のKickstarterキャンペーンを開始しました。あわせて、トレイラーが公開されています。

本作は、飼い主に捨てられてしまった犬を操作して、人間たちが住む街で生き抜いていくサバイバルゲーム。プレイヤー主導型のストーリーが語られる今作では、空腹を満たすため、食料をゴミ箱から漁ったり、人から盗んだりする必要があり、睡眠するには寝床を確保することも重要になります。


また、探索の際にはフレンドリーな犬に遭遇するそうですが、一方でナワバリに侵入した犬を排除する敵対的な犬も登場するとのこと。プロシージャル生成されたオープンワールドの世界には至るところで電車や車が走り、危険はそこかしこに見え隠れ。独特で暖かなグラフィックとは裏腹にシビアなサバイバルが用意されているようです。


本作のKickstarterは50,000ドルを目標金額に設定。記事執筆時点で28日を残し、1,129人から合計34,244ドルを調達済で、順調な滑り出しを見せています。また、リリースの際には、ローカルマルチプレイヤータイトル『DOG PARK』が付属するとのこと。


『Home Free』はWindows/Macを対象に2016年秋ころの発売を予定しています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 迫るオランダのルートボックス是正命令期限―Valveは『CS:GO』『Dota 2』アイテムトレード・販売規制で対応へ

    迫るオランダのルートボックス是正命令期限―Valveは『CS:GO』『Dota 2』アイテムトレード・販売規制で対応へ

  2. 「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

    「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

  3. 『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

    『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

  4. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  5. 『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

  6. 海外ポルノサイトが『フォートナイト』イベントによる検索数への影響を発表ーあのNinjaも検索されてる?

  7. 『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

  8. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  9. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top