『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る

家庭用ゲーム PS4

『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る
  • 『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る
  • 『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る
  • 『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る
  • 『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る
  • 『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る
  • 『ナルティメットストーム4』プロデューサーインタビュー “新ハードだから実現できた”魅力とは?シリーズの今後にも迫る
漫画を原作としたTVアニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」をモチーフとし、その世界観や作中で繰り広げられる忍術を駆使した激しいバトルをゲーム上で再現し続けてきた『ナルティメットストーム』シリーズ。

これまでPS3やXbox 360で展開されてきましたが、最新作となる『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』ではPS4専用タイトルとなりました。(海外ではXbox One版も用意)

新世代のハード性能で描かれる新たな『ナルティメットストーム』に、シリーズファンだけでなく多くのユーザーが、どのような一作になるのか、如何なる進化を遂げるのかと、高い関心が寄せられています。

期待高まる注目の中、映像や新要素などが明かされ始めると、その“超アニメ表現”に驚き、そして喜ぶ声がネット上などで数多く上がりました。滑らかな表現、小気味よいアクションに“リーダーチェンジ”が加わり生み出される更なるコンボ、そして迫力満点の多彩な忍術などが、映像や画像の形で能弁に語られます。



そして、満を持したプレイアブル出展も展開。「東京ゲームショウ 2015」でも、手ごたえたっぷりの試遊プレイが披露されました。こちらのプレイレポートも別途まとめさせていただいたので、よければそちらも合わせてご覧ください。

そんな『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』のプロデュースを担当している中河美穂氏にインタビューを行い、現在の心境や今語ることができる本作の魅力、そして『ナルティメットストーム』シリーズの今後に関して伺いました。

◆PS4にシリーズ初進出! その魅力から今後の展開まで



──本日はお忙しい中、ありがとうございます。

中河氏:制作プロデューサー中河です。よろしくお願いします。

──発売まで、まだまだ気が抜けないこととは思いますが、先月発売日も決定し、こうして東京ゲームショウへのプレイアブル出展も果たしました。ここまでたどり着いた、今の率直なお気持ちを教えてください。

中河氏:ここに来るまで、PS4のスペックに合わせてどのような進化をさせるべきか、チーム内でもずっと考えてきました。こうして出来上がりつつある本作を、(東京ゲームショウで)初めて遊ばれる方、またこれまでシリーズ作をプレイしてくれた人に、楽しんでいただけるというのは本当に嬉しいですね。発売日も、今から待ち遠しいばかりです。

──前作、前々作のようなマルチではなく、またシリーズにとっては初となるPS4進出となりますが、PS4だからこそ実現できた『ナルティメットストーム4』と考えてよろしいのでしょうか。



中河氏:前作までPS3でリリースしており、そのため開発当初はPS3も含めたマルチ展開のプランも話に上がらなかったわけではないのですが、これから国内外でPS4が盛り上がっていくことを考え、そのスペックを生かした最高の「NARUTO-ナルト-」体験をどうしたら味わってもらえるかと思案した結果、PS4に注力させていただきました。

──マルチではなくPS4のみに絞ったことで、より次元の高い体験を提供しようと判断されたんですね。

中河氏:(作品を重ねるごとに)これまで進化してきた『ナルティメットストーム』シリーズに対して、今のユーザーさんが期待しているものは何かと考えたら、やはりPS4での最新作かなと考えました。

──PS4でリリースする、という点に関して、現場のモチベーションはいかがでしたか?

中河氏:むしろサイバーコネクトツーさんの方から「PS4で行きましょう!」というご提案をいただいたほどです。そして一緒に検討を進め、今の方向性に決定しました。サイバーコネクトツーさんはやはりクオリティにこだわられる方々なので、「PS4でかっこいいものを作ろう」という高いモチベーションを感じています。

──さきほど遊ばせていただきましたが、動きの滑らかさや爽快感はもちろんですが、演出を含めた迫力も段違いですね。



中河氏:そこもPS4だから実現できた部分でもありますね。エフェクトなどの表現もPS3とは段違いですし。フリーバトルのステージ一つを取っても、今までと違うリッチ感をどのようにして出していくかと考えながら新しく調整をさせていただきました。

あと本作では、キャラクターの表情がものすごくリアルに動くようになっているんです。PVなどでも出させていただいているんですが、目や口の動きがまさにアニメさながらな出来栄えとなっています。かなりダイナミックにさせていただきました。

──細かいところまで手作業で調整されているんですね。そのこだわりぶりには頭が下がります。

中河氏:サイバーコネクトツーさんですからね。そこはやっぱり(笑)。

──「リーダーチェンジ」をはじめ、数多くの新要素が用意されていますが、これらはサイバーコネクトツーさんの方からご提案されたんですか?

中河氏:要素によってそれぞれですね。サイバーコネクトツーさんから「今回のスペックならばこういうものができます」とご提案していただいたものもあれば、弊社から「PS4ならではの要素を盛り込んでいきたい」と打診したものもあります。お互いに意見を出し合ってやっていた部分も多いですね。

──お互いに高めていった結果が『ナルティメットストーム4』なんですね。

中河氏:同じ目標に向かって切磋琢磨するような形で制作が進んでいきました。

──今回のプレイアブルでバトル面の魅力を味わうことができましたが、こちらも気になるストーリー面に関して教えていただけますか?

中河氏:前作『3』から続くナンバリングの作品になりますので、その続きとして遊べるような形になっています。本作のストーリーに関しては少なくとも今アニメでやっている部分は確実に入りますので、続報を楽しみにお待ちいただければと思います。

──では、対戦して楽しいはもちろんのこと、ひとりで楽しんでも「NARUTO-ナルト-」の世界をたっぷり楽しめる、と。

中河氏:はい、堪能していただけます。また難易度に関しても、アクションゲームが好きな人、そして普段そんなにゲームを遊ばない「NARUTO-ナルト-」ファンの人、そのどちらにも満足してもらえるように調整しています。

──より幅広く遊んでもらえるような一作になっているんですね。気が早いかと思いますが、漫画原作の連載も終わっているだけに、『ナルティメットストーム4』から更に先の展開も気になります。本シリーズの今後に関して、どのようにお考えでしょうか。



中河氏:正直なお話、今は今後のことよりも『ナルティメットストーム4』の開発に集中しています。ですが「NARUTO-ナルト-」そのものは、原作が終了した後も劇場版が上映されましたし、短期集中連載も行われました。「NARUTO新時代開幕プロジェクト」として更なる展開を迎えているので、“連載は終わっても「NARUTO-ナルト-」の世界が終わったわけではない”と考えています。

──おお!

中河氏:本当に全力投球しているので、先のことはまだ考えておりませんが、もっと広がりを見せていくのではと思っています。

──嬉しい発表が届くことを願っています。それでは最後となりますが、本作を待ち望む方々に向けたメッセージをお願いします。

中河氏:『ナルティメットストーム4』はシリーズ初のPS4発売となります。シリーズ最高傑作をお届けすべく、開発一同が全力で制作に当たっていますので、来年2月までまだ少し間はありますが、ぜひ楽しみに待っていていただければと思います。よろしくお願いします!

──ありがとうございました!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は2016年2月4日発売予定。価格は7,600円(税抜)です。

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)劇場版NARUTO製作委員会2014
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

    『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

  2. PS4/PS Vita/スイッチ向けADV『STEINS;GATE ELITE』発売日が決定!

    PS4/PS Vita/スイッチ向けADV『STEINS;GATE ELITE』発売日が決定!

  3. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  4. 「君は、あの物語を覚えている?」─『キングダム ハーツ III』へ繋がる物語を振り返る特別映像集

  5. スイッチ用USBキーボードが新発売―Joy-Conとドッキングさせてプレイ!

  6. 『フォートナイト』v4.4アップデートは6月19日午後5時から!ダウンタイムも発生

  7. 『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

  8. 『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

  9. 【吉田輝和の絵日記】『フォートナイト バトルロイヤル』スイッチ版に挑戦―おじさんは一級建築士?

  10. 「ジュラシック・ワールド」経営ゲーム『Jurassic World Evolution』新プレイ映像!日本語対応で予約も開始

アクセスランキングをもっと見る

page top