トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場

2015年に『ICBM』を手がけたデザイナーMichael Davis氏が、新作ゲーム『Urine It to Win It!』のコンセプトをSteam Greenlightに投稿しました。

ゲーム文化 インディーゲーム
トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場
  • トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場
  • トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場
  • トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場
  • トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場
  • トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場
  • トイレで用を足すクリッカー系ゲーム『Urine It to Win It!』がSteam Greenlightに登場

2015年に『ICBM』を手がけたデザイナーMichael Davis氏が、新作ゲーム『Urine It to Win It!』のコンセプトをSteam Greenlightに投稿しました。


開発はまだデザイン段階でスクリーンショットや映像もイメージ

本作は『Cookie Clicker』や『Candy Box』の増加プレイに『The Sims』のデザイン感覚、そして“トイレ”を融合したゲームとなっており、プレイヤーはクリックで用を足してポイントを貯め、アビリティのアンロックやトイレのアップグレードを行います。


ゲームは1ドルで販売予定となっており(広告、課金なし)、Michael Davis氏は人々が本作に1ドルの価値があるかを考えるのを見たいとのことで、「もちろん“その価値はない”と言われる覚悟はできている」と語っています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

    キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  2. Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

    Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

  3. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

    『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  4. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  5. 「EA PLAY 2019」では『Apex Legends』シーズン2だけでなくグッズ情報なども公開予定

  6. ニンジャスレイヤー=サン参戦!『AREA 4643』v1.1アップデート配信―出撃しなさい

  7. 『真・三國無双8』鈴鹿8耐コラボに女性キャラが追加参戦!レースクイーンとなった孫尚香、関銀屏、王元姫、甄姫がチームを応援

  8. 『モンスターファーム』公式Twitter、2ヶ月半ぶりに新たな動き─ホリィ「お金たまった?」

  9. 野良はつらいよ―『Apex Legends』で勝てない男を描くファンメイドアニメが公開

  10. 「BitSummit 7 Spirits」にSIEが出展ーPS Storeインディーズゲームセールは5月31日から

アクセスランキングをもっと見る

1
page top