SFC風ボクシングシミュ『Punch Club』30万本セールス突破も海賊版被害は「160万件超」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SFC風ボクシングシミュ『Punch Club』30万本セールス突破も海賊版被害は「160万件超」

PC/モバイル向けボクサー育成シム『Punch Club』パブリッシャーのtinyBuildは、同作が30万本のセールス記録を達成したことと共に、160万件の海賊版被害を受けていたことを発表しました。

ニュース ゲーム業界
SFC風ボクシングシミュ『Punch Club』30万本セールス突破も海賊版被害は「160万件超」
  • SFC風ボクシングシミュ『Punch Club』30万本セールス突破も海賊版被害は「160万件超」
  • SFC風ボクシングシミュ『Punch Club』30万本セールス突破も海賊版被害は「160万件超」
  • SFC風ボクシングシミュ『Punch Club』30万本セールス突破も海賊版被害は「160万件超」

PC/モバイル向けボクサー育成シム『Punch Club』パブリッシャーのtinyBuildは、同作が30万本のセールス記録を達成したことと共に、160万件の海賊版被害を受けていたことを発表しました。

Punch Club』はスーパーファミコンライクなドット絵で描かれるボクシングシミュレーションゲームとして今年1月にリリース。配信直後から好調な売れ行きを見せ、2月には合計売上額200万ドルを突破。まさに順風満帆にも思えた本作ですが、tinyBuildが「Unity Analytics」やサードパーティー製ツールで調査したところによると、PC版で「113万7000件」、モバイル版で「51万4000件」の海賊版利用が確認されたとのこと。全体の数で言えば8割ほどが海賊版であるという驚異的な比率まで明かされています。


中でもブラジル、ロシア、中国での海賊版利用率が高く、モバイルにおける被害の9割はAndroid版で報告されたものなのだとか。tinyBuildはポルトガル語向けランゲージデータを配信した後日ブラジルでの海賊版利用が劇的に増加したことを例にしながら、「君も西ヨーロッパに向けてゲームをローカライズするべきだ」とシニカルなコメントを見せつつ、公式Webサイトでの報告を締めくくっています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

    ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

  2. マイクロソフトのファーストパーティ作品はPCでもリリースされる―Xboxのフィル・スペンサーが明言

    マイクロソフトのファーストパーティ作品はPCでもリリースされる―Xboxのフィル・スペンサーが明言

  3. 「PlayStation Store」リニューアル開始!スッキリとした新デザインに

    「PlayStation Store」リニューアル開始!スッキリとした新デザインに

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 「UPLAY+」が「Ubisoft+」に名称変更―Amazon Luna/Stadiaでのサブスクリプションサービスも開始

  6. 自由自在にどこへでもいける!東洋アクションMMO『NARAKA: BLADEPOINT』11月17日より開催のCBTキープレゼント

  7. 週末セール情報ひとまとめ『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』『Slay the Spire』『Crysis Remastered』『Hades』他

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. PSストア刷新が告知!PSP/PS3/PSVitaタイトルがPC/モバイルから購入不可に―お気に入りも廃止【UPDATE】

  10. 『オクトパストラベラー』スイッチ/Steamで半額セール!―『大陸の覇者』リリース直前を記念して

アクセスランキングをもっと見る

page top