海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も

先日海外メディアKotakuが報じ、後にEurogamerも独自にその情報を入手したと伝えられえていた、PlayStation 4のアップグレード版「PlayStation 4.5」の噂ですが、有名業界アナリストのMichael Pachter氏がGamingBoltのインタビューにて今回の噂への見解を示しました。

ニュース ゲーム業界
海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も
  • 海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も
  • 海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も

先日海外メディアKotakuが報じ、後にEurogamerも独自にその情報を入手したと伝えられえていた、PlayStation 4のアップグレード版「PlayStation 4.5/PlayStation 4K」の噂ですが、有名業界アナリストのMichael Pachter氏がGamingBoltのインタビューにて今回の噂への見解を示しました。

Pachter氏は、もしソニーがPlayStation VRをOculusやViveと同じレベルまで進化させることを計画しているのであれば、PlayStation 4.5/PlayStation 4Kは恐らくPlayStation VRを4Kで動かせるようにするためのVR特化モデルになるだろうと語っています。


また、別のアナリストZhugeEX氏もKotakuが報じる以前に聞いたという情報をTwitterで明らかにしています。ちなみにZhugeEX氏は普段、売上データを中心に取り扱っており、噂に関してはあまり言及しない人物とのことです。

  • PS4.5はソニーがCUH-1200を新しいPS4 SKUで置き換えるためのプロトタイプを持っているという意味で真実。
  • これまでと同じくAMD APUと8GBのRAMを搭載するが、より良いパフォーマンスを提供する(APUあるいはクロックスピードがアップグレードされる可能性)。
  • ソニーはコンソール基板を1/4まで縮小し、形状も変更している。層は2枚に減少。
  • コンソールはより多くのパワーを持つが、主にシステム+メディア+VR向け。
  • 開発者はこの追加のパワーに100%アクセスすることはできない。
  • PS4とPS4.5は同じディスクでどちらでも動作。
  • PS4.5のゲームは拡張機能があるかもしれない(4K?)。
  • 少なくとも2つの大手サードパーティパブリッシャーが存在を知っており、ハードウェアを受け取るだろう。
  • ソニーは2016年H2あるいは2017年のローンチを検討している。
  • 情報源は中国からと、過去に正確な情報をもたらした人物。
  • これらは全て確認されておらず、ZhugeEX氏は情報源ではない。単に伝えられた情報であくまでも噂。

果たしてこの噂の真相や如何に。今後の続報や大きなイベントには要注目です。
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 3位:パソコン機器、2位:スマートフォン、気になる1位は......?「中学生の子どもが一番喜んだプレゼントは?」アンケート結果が発表

    3位:パソコン機器、2位:スマートフォン、気になる1位は......?「中学生の子どもが一番喜んだプレゼントは?」アンケート結果が発表

  2. 『F-ZERO』シリーズに新展開は?任天堂が「長らく続編が発売されていないIP」の新作・リメイクに言及

    『F-ZERO』シリーズに新展開は?任天堂が「長らく続編が発売されていないIP」の新作・リメイクに言及

  3. PS Plus7月度フリープレイ『クラッシュ・バンディクー4』国内でも!

    PS Plus7月度フリープレイ『クラッシュ・バンディクー4』国内でも!

  4. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  5. 原因は靖国参拝か…?『第五人格』人気プレイヤーの公式大会停止処分に波紋

  6. 『World of Warcraft』を強化―Blizzardが『スペルブレイク』開発会社を買収

  7. フロム・ソフトウェア、複数の“新プロジェクト”に向けてスタッフ募集開始!特設サイトには『アーマード・コア』や『Bloodborne』も

  8. 『バトルフィールド』次回作ではキャンペーンモード復活か―『2042』に追加の可能性も?

  9. ドラマ版『フォールアウト』に「ツイン・ピークス」クーパー捜査官を演じるカイル・マクラクランの出演が決定

  10. 【Steamサマーセール】爽快or緊張どっちが好き?GSおすすめ「シューター」10タイトル

アクセスランキングをもっと見る

page top