噂: PlayStation 4.5のコードネームは「NEO」か―さらなる詳細情報も報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: PlayStation 4.5のコードネームは「NEO」か―さらなる詳細情報も報告

3月中頃からジワジワと増えつつあるアップグレード版PlayStation 4(PlayStation 4.5/PlayStation 4K)の噂ですが、海外メディアGiant Bombがさらなる詳細を報告しています。

ニュース
噂: PlayStation 4.5のコードネームは「NEO」か―さらなる詳細情報も報告
  • 噂: PlayStation 4.5のコードネームは「NEO」か―さらなる詳細情報も報告

3月中頃からジワジワと増えつつあるアップグレード版PlayStation 4PlayStation 4.5/PlayStation 4K)の噂ですが、海外メディアGiant Bombが複数のソースからの情報として、さらなる詳細を報告しています

  • 内部では「NEO」というコードネームで呼ばれている。

  • 現行のPS4よりも高いクロック速度、改善されたGPU、より大きな帯域幅のメモリを特色としている。

  • Giant Bombが入手した文書では、NEOのHDDが現行PS4と同じと記載されている。しかし、それが容量や転送速度のことであるかどうかは不明。

  • すべてのPS4ゲームは、10月から現行PS4で動作する“Base Mode”と、新型機で動作する“NEO Mode”両方の搭載が必要とされる。

  • NEO Modeで、少なくともHDTV上で1080p動作するゲームはハードウェアアップグレード(またメモリ配分で追加の512MB)を利用し、より安定したフレームレートとより高いビジュアル忠実度を得られる。

  • 4Kイメージの出力をサポートするが、ゲーム自体は4Kネイティブである必要はない。

  • 比較
    □現行PS4
    ・CPU: 8 Jaguar Cores at 1.6 GHz
    ・GPU: AMD GCN, 18 CUs at 800 MHz
    ・メモリ: 8 GB GDDR5, 176 GB/s

    □NEO
    ・CPU: 8 Jaguar Cores at 2.1 GHz
    ・GPU: Improved AMD GCN, 36 CUs at 911 MHz
    ・メモリ: 8 GB GDDR5, 218 GB/s

  • 文書ではソニーはNEO Modeのゲームビルドで4K/UltraHD解像度に到達するための提案を提供しているものの、アプローチの方法はデベロッパーに自由度を与えている。

  • 4Kテレビの所有者はフォーマットに合わせたNEOのアップスケールゲームを期待できるが、ソニーはフレームレートに懸念を示している。

  • 文書全体でソニーは開発者に対し、NEO Modeでのゲームのフレームレートは現行のPS4と同等、あるいはそれ以上でなければならないことを強調している。

  • NEOは現行のPS4に取って代わることはない。並行して存在し、同じユーザー環境を使用する。

  • PS4とNEOは同じPSNストア、オンラインコミュニティ、ユーザーエクスペリエンスを提供。

  • ソニーはPS4とNEOのユーザーを分離しない。そのためNEO専用のゲームは登場しない。

  • 開発者にはNEOプレイヤーのみのゲームプレイオプションや特別なアンロックを搭載しないよう、ソニーは明示的に繰り返している。

  • PS4とNEOの両方に同じ機能がある限り、NEOでは改良版を実行できる。例えば現行PS4では最大4人のローカルCo-opがNEOでは最大8人になるなど。ただしオンラインモードでの適用は期待してはいけない。

  • 周辺機器の対応はBase ModeとNEO Modeで同等でなければならない。そのため、NEOだけのVRモードは期待できない。

  • 文書ではPlayStation VRに言及していないため、PS4のアップグレードによってPlayStation VRがプロセッサーユニット無しで動作するという過去の噂は判断できない。

  • NEOの改良がPS VRゲームに適用されるなら、開発者はPS VRでより多くのパフォーマンスを得られる。

  • 10月以降にリリースされるゲームは現行PS4とNEOの両方をサポートするが、それはNEO自体が10月にリリースされることを意味しない。

  • また9月後半にリリース予定のゲームはNEOに対応するために発売日パッチでアップグレードが必要。

  • 文書ではNEO自体のリリース前にNEO対応ゲームをリリース可能であることが明示的に記載されている。

  • NEO以前にリリースされたゲームは、開発者がパッチを適用することを決定した場合にのみ、アップグレードを利用できる。

かなり細かい情報も飛び出ている今回の噂。今後の続報にも多くの注目が集まりそうです。
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

    「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

  2. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

    クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  3. Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

    Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

  4. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  5. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  6. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  7. サウジ政府系ファンドが任天堂の株式を5.01%保有していることが明らかに―カプコン、コーエーテクモ、ネクソンの株式も大量保有

  8. 新作『サイレントヒル2』リメイクの噂をBloober Team CEOが明言を拒否―新プロジェクトは「自社のタイトルであることに変わりはない」

  9. 悩める精霊をもてなす風呂屋経営シム『スピリットティー』発表!

  10. 『Arma 4』『Warhammer 40K: Space Marine 2』など45タイトル以上が登場―「PC Gaming Show」2022年6月13日開催

アクセスランキングをもっと見る

page top