G2A公式声明に対してtinyBuildが猛烈反論―Steamキー再販問題で | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

G2A公式声明に対してtinyBuildが猛烈反論―Steamキー再販問題で

tinyBuildによるゲームダウンロード販売サイトG2A.COMへの非難声明が発表され、それに対してG2Aによる公式声明が公開。各所からの注目を集めている両者の言い分ですが、tinyBuild側からの新たに公式声明が発表されました。

ニュース ゲーム業界
G2A公式声明に対してtinyBuildが猛烈反論―Steamキー再販問題で
  • G2A公式声明に対してtinyBuildが猛烈反論―Steamキー再販問題で
tinyBuildによるゲームダウンロード販売サイトG2A.COMへの非難声明が発表され、それに対してG2Aによる公式声明が公開。各所からの注目を集めている両者の言い分ですが、tinyBuild側からの新たに公式声明が発表されました。

tinyBuildの声明ではG2A側の言い分に対して反論を展開。『Punch Club』の海賊版被害の報告に「信頼できないデータ」とコメントしたG2A側に対して「なぜ信頼できないといえることが出来るのか?」と主張。また、200キーもの削除を行ったことに対しては本当に削除したのかという疑いの目を向けており、tinyBuild側からキーのリストを提供していないにも関わらず、どのような方法でそれらを特定し排除したのかと疑問を呈しています。

また、G2A側からの「tinyBuildは不審なキーのリストを3日以内に提供してください」という協力の提案は恐喝と同じ方法だと指摘。以前は「我々と共に仕事をする登録をしない限り、手助けするつもりは無い」というものだったと伝えています。その上で、tinyBuildはキーの共有リストは存在しないと報告。理由として彼らのビジネスは沢山のパートナーと協力の上で成り立っているものであり、(そのビジネスの想定外である)個々のキーを追跡する仕組みは膨大な仕事量になるためだと説明しました。加えて、G2Aの評判は誰もが知っていることではあり、「誰が彼らに確認するためのキーリストを送ることを検討するのか?」と主張。それらのキーは再販され彼らにより多くの利益を与えることになるとの考えを示しました。

一方でtinyBuildは、G2Aからの最後通牒とも取れる「tinyBuildは不審なキーのリストを3日以内に提供してください」という要求に対するカウンターとして3つの解決策を提案しています。内容は下記をご覧ください。
    tinyBuildによる解決策
  • パブリッシャーが製品の最低価格を設定することを許可する。
  • 前述したサードパーティが販売するキー全てに、最小のマージンを設定する。
  • G2Aでは全く検証せずに販売することが可能なため、身分証明、銀行口座とのリンク、住所の確認など販売者の確認をより厳密にする。
tinyBuildは上記の解決策よりも良い方法を考え出すスマートな人がG2Aにいると確信しているとコメント。どのようなビジネスでも相互に有益なパートナーシップを軸に展開されると語り、最小価格を設定する解決策を受ける、またはマーケットプレイスでキー販売を許可しないことが業界全体を正しい方向に進むことが出来る方法だと説明しています。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

    『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

  2. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  3. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  4. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  5. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  6. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  7. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『ファイナルファンタジーXV』DLC3つの制作中止や田畑Dの離脱が発表―アーデン編は制作続行

  10. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

アクセスランキングをもっと見る

page top