非公認スター・ウォーズゲーム『Galaxy in Turmoil』が開発停止―Lucasfilmが要求 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

非公認スター・ウォーズゲーム『Galaxy in Turmoil』が開発停止―Lucasfilmが要求

Frontwire Studiosが、非公式のスター・ウォーズゲームとして開発していた『Galaxy In Turmoil』。非営利での配信を目指していた本作ですが、ライセンス元であるLucasfilmより開発停止要求を受けたと報告されています。

PC 基本プレイ無料
非公認スター・ウォーズゲーム『Galaxy in Turmoil』が開発停止―Lucasfilmが要求
  • 非公認スター・ウォーズゲーム『Galaxy in Turmoil』が開発停止―Lucasfilmが要求
  • 非公認スター・ウォーズゲーム『Galaxy in Turmoil』が開発停止―Lucasfilmが要求

Frontwire Studiosが、非公式のスター・ウォーズゲームとして開発していた『Galaxy In Turmoil』。非営利での配信を目指していた本作ですが、ライセンス元であるLucasfilmより開発停止要求を受けたと報告されています。

これはFrontwireの社長であるTony Romanelli氏が公式ブログで報告したもの。それによると、2016年6月22日にLucasfilmより、スターウォーズIPを使用する『Galaxy in Turmoil』の開発を停止するようメールで連絡を受けたとのこと。Romanelli氏は連絡を受けた後、自分達のプロジェクトについて議論するために、Lucasfilm社幹部との会談を要請。同氏は交渉する場が持てることを期待していなかったようですが、Lucasfilmの幹部は会談の場を設けることを承諾し、1週間後に話し合いが行われたと伝えています。

会談は電話で行われ、Romanelli氏とLucasfilmの意思決定権を持つ2人の幹部との間で行われたとのこと。その会談の中で、Lucasfilm幹部はスター・ウォーズIPのゲームはElectronic Arts(EA)と専属契約が結ばれていることを説明した上で、EAが『Galaxy in Turmoil』のプロジェクトの継続を望んでいないと伝えたとのこと。Lucasfilmの立場としてはEAとの契約に基づいて『Galaxy in Turmoil』がスター・ウォーズIPを使用することを停止、あるいは拒否する義務があるということです。ちなみにRomanelli氏はEAに『Galaxy in Turmoil』を売り込みを試みた経験があるそうですが、成功しなかったことを明かしています。

Romanelli氏は開発停止が要求されたことについて、EAとLucasfilmには何の恨みも持っていないと語りました。同氏はスター・ウォーズブランドが貴重で収益性の高いブランドであると説明し、EAとLucasfilmが非常に高価で収益性の高い契約を結んでおり、FrontwireにIPの使用を停止するよう求める正当な権利を持っていると理解を示しています。一方で『Galaxy in Turmoil』という無料のファンゲームをパックアップすることは、ブランドを効果的に引き立てる方法であると、EAが理解してくれることを望んでいると伝えています。なお、開発停止の要求は最終決定事項であり、事業として、そしてコミュニティとして尊重しなければならないと報告しています。

また、同氏はLucasfilmとの法廷闘争に持ち込んだ場合、「フェアユースの法理」の観点から開発が認められる可能性があると説明。しかしながら、Lucasfilmと法廷闘争を繰り広げてお金を得ることを求めていないと伝えた上で、実業家として、他の企業と、その知的財産に十分な敬意を持っていると述べています。


なお、Lucasfilmは『Galaxy in Turmoil』がスターウォーズIPを使用しない、『Star Wars Battlefront』にインスパイアされたゲームであれば全く問題ないとの見解を示したとのこと。Romanelli氏は、この見解を「新たなる希望」と称した上で、『Galaxy in Turmoil』を新しい宇宙を舞台にしたオリジナルゲームとして開発する予定であると伝えました。地上から宇宙までを収めた64人の大規模なマルチプレイ、シングルプレイヤーキャンペーンを収めたゲーム性は変わらず、予定通りSteamで無料ゲームとしてリリースされるとのことです。

本作についてはクラウドファンディングで開発資金を集める計画もあるそう。しかし、クラウドファンディングが持つ問題点を把握しており、少なくとも1つのシングルプレイヤーミッションと2つのマルチプレイヤーマップを含むデモ版がリリースされるまでは実施しないと明言しています。
《水京》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

    新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

  2. 疫病サバイバルホラー『Pathologic 2』魅力を体感できる無料体験版が公開―この街で何が出来るのか…

    疫病サバイバルホラー『Pathologic 2』魅力を体感できる無料体験版が公開―この街で何が出来るのか…

  3. 『Fallout 76』で「修理キット」などが実装されるパッチ8.5配信―パッチノートも公開

    『Fallout 76』で「修理キット」などが実装されるパッチ8.5配信―パッチノートも公開

  4. 16bit風オープンワールド『Shakedown: Hawaii』5月7日リリース―現時点でPC版はEpic Gamesストアのみ

  5. 『Dead by Daylight』新システム「End Game Collapse」を試せるPTBサーバー2.7.0がオープン!

  6. 『Eight Dragons』Steam早期アクセス開始―『熱血硬派くにおくん』風の最大8人協力ベルトスクロールACT

  7. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  8. バイオ風サバイバルホラー『Outbreak: Lost Hope』Steam配信開始! 悪夢を乗り越え娘を救え

  9. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  10. 『ぷよぷよeスポーツ』Steam版発売決定!英語音声も追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top