本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!

500万DLという大台を超えた本格海戦SLG『戦艦帝国』。リアルなグラフィックと実在艦たちが彩る本作の魅力を、ご紹介します。

アプリゲーム iOS
本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
  • 本格海戦シミュレーション『戦艦帝国』プレイレポ―無敵の艦隊率いて海を制する!
COOL FACTORY CO.,LTDが開発する、iOS/Android向けシミュレーションゲーム『戦艦帝国』。ついに500万DLを突破し、ますます勢いづく本作では、プレイヤーが反ファシスト同盟の司令官として、実在する戦艦を率いて勝利を目指します。日本の戦艦のみならず、世界各国の有名戦艦が登場し、部隊を編成して海戦を行う迫力の戦闘システム、細部まで描き込まれたグラフィックは、艦隊モノやミリタリーゲームファンには要注目。今回はそんな本作のゲーム序盤部分のプレイレポートをお送りします。


■サーバは超Hot!入れるところを選ぼう

まずはタイトル画面でサーバを選択。記事執筆時点で、1~60まですべてHotな満員状態なので、空いている61サーバを選択しゲームをスタート。強制的に戦闘がスタートし、輸送艦隊撤退まで戦わなければなりませんが、戦闘は自動で進行。膨大なダメージを受け敗退したあとは、連盟が3つに分かれたとのことで、「正義」「栄誉」「鉄血」の3陣営のいずれかに所属します。今回は鉄血陣営が推薦されていますが、正義陣営でスタートしてみます。陣営を選択した後は、好みの外見を男女2種ずつの合計4種類から選びましょう。


イベント戦闘で必ず負けるものの、司令官は無事に帰還

■無事帰還した司令官、いきなり敵艦を撃沈す

ここで帰還した司令官として、戦闘が始まります。こちらの旗艦は軽巡洋艦の阿賀野型に対して、敵は駆逐艦のハイヴォークラン級、日本vsフランスの構図です。もちろん主砲の斉射で沈ませ、一瞬で勝利を手にします。戦闘でVII型潜水艦の図面を入手しているので、指示に従いながら建造して部隊に組み込みます。そのまま次の戦闘に向かいますが、今回は軽巡洋艦+潜水艦vs軽巡洋艦2隻。水面にいる潜水艦が軽々と軽巡洋艦を沈めていますが、細かいことは気にしないでおきましょう。なお、勝利画面にある「再放送」は、正しくは「再戦」の意味なので、注意が必要です。


まずは1vs1の戦い。ここから進撃が始まります


戦艦を複数入手すると、前列と後列を使い分けることも可能に

筆者がプレイしている範囲では、1回の戦闘につき5の原油が消費されます。また、同じ海域で戦闘を行える回数も種類により5回もしくは99回と決められており、それ以上戦闘するにはコストをかけてリセットをする必要があります。とはいえ、序盤で大量に戦闘のループを行う必要もないので、特に問題になることはないかと思います。


メイン画面となる基地。意外に完成された作りです

■美人スパイは設計図を持ち帰る有能スパイ。有名艦を撃沈しても設計図が手に入る

指示に従いスパイをショップで雇い、持ち帰ってきたのは戦艦のバイエルン級の図面。スパイの外見からするにハニーポットの匂いがしますが、どちらにせよ敵軍のセキュリティはガバガバです。建造して部隊に組み込んだ後は、マダガスカルに再度向かい、デュケーヌ級重巡洋艦を相手にします。強い敵ではあるものの、リスクと利益は比例するので勝利した場合、図面やパーツが手に入るとのこと。予想通り大勝利を収め帰ってきたところ、戦艦のレベルアップが可能。自分のレベルより上にはできず、レベルアップには金貨が必要です。


有名艦であるデュケーヌ号も、実はダグラス級と同じぐらい柔らかい


改造にはそれなりにコストがかかるもの。図面の入手も行っていかなければなりません

次の戦闘ではUK.高性能爆弾というパーツを入手したので、武器スロットに装備してマダガスカルへとんぼ返り。一瞬で戦闘が終わってしまうので割愛しますが、今回奪ったのはスキルマニュアル。これを使って大砲攻撃スキルをレベルアップさせます。そしてマダガスカル最後は、敵の旗艦であるダンケルク号との戦いです。我が軍は無敵だったので、良さそうなパーツ類を敵から奪取。帰港すると技術ポイントが貯まっているのでパーツの改造を行います。改造を行うと末尾に+1という風につくため、強化と覚えておいた方が楽かもしれません。


有名艦を倒しておいしい報酬をゲット。設計図だけでなく、ショップで購入できるものも手に入ります


改造を行うと、こういった全体攻撃の発動確率もアップ

■ストーリーはまだまだ続き、余るほどもらえる金貨で自艦を大量強化

この後、第1章のストーリーは、アフリカ東海岸、喜望峰、アフリカ西海岸と進んで行き、喜望峰では戦艦クイーンエリザベス号も登場。ストーリーは第2章、第3章と続き、展開を楽しみながら自軍を強化していくことになります。注意点としては、入手した図面は1枚に対して1隻のみ製造ができるということ。図面があるからといって素材があれば無限に製造できるシステムではありません。また、ストーリーを進めると説明が入りますが、補給やログインボーナスで金貨などが大量に入手できます。相当使い込んでも余る程度に金貨はもらえるため、気にせず強化してしまっても問題ないでしょう。


戦艦の改造は編成画面から可能。装備も変更できるため非常に便利


戦艦を建造するとエフェクトとともに演出が入る

■レベルで解放される機能は豊富。やれることはきっちりと把握すべし

チュートリアルに関しては、マダガスカルを取り戻すまでに一通りの機能に関して一気に説明が行われるため、覚えることが多く悩みそうな部分もありますが、実はまだまだ使える機能のほんの一部。レベルが上がるにつれて、多くの機能が順に解放されていくため、基地の施設や機能など、やれることがどんどんと広がっていきます。また、新しく「三笠」「不知火」「雪風」といった戦艦もどんどんと追加されており、更新が頻繁にされているため、自分の理想の艦隊を作り上げることも可能です。


出陣できる戦艦数も、レベル10で4隻、レベル15で5隻と、レベルが上がるごとに部隊の規模も大きくなり、リアルなグラフィックとともに迫力のある海戦が楽しめます。さらにレベルが30になれば陣形も追加でき、単横陣や輪形陣など、戦略に応じて陣形に幅を持たせることができます。本作は史実に基づいて制作されているため、実際に戦争で存在した構成で再現も可能です。一方で、戦闘中にはタッチなどによるターゲットの指示が出せない部分は多少残念に感じます。プレイヤーがある程度指示を行えるようなシステムが実装されていれば、司令官として率いている感覚がより強調されたのではないかと感じます。

『戦艦帝国』は、現在iOS/Android向けに基本プレイ無料で配信中。8月11日~8月14日の期間で、ダイヤモンドがもらえるログインボーナスをはじめとした500万DL記念キャンペーンや、公式TwitterでのRTキャンペーンが実施中です。

■500万DLキャンペーン内容


    (1)500万DL記念特典(小)
    必ず★5日本艦図面の欠片×5+大量の金貨+小ドラム缶
    価格:998 Diamonds

    (2)500万DL記念特典(三笠)
    必ず★5日本艦(イベント艦、限定艦を除く)or三笠戦艦から1つ+大量の金貨+小ドラム缶。
    価格:5998 Diamonds

    (3)500万DL記念特典(信濃)
    必ず★5日本艦(イベント艦、限定艦を除く)or信濃空母から1つ+大量の金貨+小ドラム缶。
    価格:5998 Diamonds

    (4)500万DL大感謝祭(ログインボーナス )
    イベント期間中ログインすると、毎日ダイヤ×100をゲット!

■500万DL突破記念RTキャンペーン内容


    キャンペーン内容のツイートが500RTされると、抽選で10名にゲーム内アイテム「500万金貨」を贈呈!『戦艦帝国』へのコメントがあれば、ハッシュタグ(#祝戦艦帝国500万DL)を付けてツイートしてください♪

    公式Twitter:https://twitter.com/QikuJP

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『戦艦帝国』は、好評配信中。基本プレイ無料のアイテム課金制です。

《kuma》

編集部おすすめの記事

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 人気Co-opホラー『Phasmophobia』の存在しないモバイル版がGoogle Playストアで配信

    人気Co-opホラー『Phasmophobia』の存在しないモバイル版がGoogle Playストアで配信

  2. モバイル版『Bloodstained: Ritual of the Night』発表―NetEase Games×ArtPlayのタッグで近日配信

    モバイル版『Bloodstained: Ritual of the Night』発表―NetEase Games×ArtPlayのタッグで近日配信

  3. 高層ビル建築&経営シム『プロジェクト・ハイライズ』のiPad版が国内配信開始!

    高層ビル建築&経営シム『プロジェクト・ハイライズ』のiPad版が国内配信開始!

  4. 『FF13』や『ラストレムナント』がスマホでプレイ可能に!10月からクラウドサービスとして

  5. 『ポケモン GO』新イベント「進化ウィーク」12月6日開催決定!特別な進化方法のポケモンが多く出現―進化アイテムを獲得できるタスクも登場

  6. 『FO4』登場キャラも追加!モバイル作『Fallout Shelter』新パッチが配信

  7. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  8. リッチキングがアイス屋に…『ハースストーン』「凍てつく玉座の騎士団」実写CM映像

  9. 『オクトパストラベラー 大陸の覇者』メインストーリー「富を極めし者編」予告映像! 立ちはだかるのは“強欲の魔女”

アクセスランキングをもっと見る

page top