超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始

中国のインディーデベロッパーRocket Punchは、PC/Mac/Linux向けに開発中の2D横スクロールアクション『Code: HARDCORE』のKickstarterキャンペーンを開始しました。

ゲーム文化 クラウドファンディング
超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始
  • 超日本風!スーパーロボットACT『Code: HARDCORE』Kickstarter開始



中国のインディーデベロッパーRocket Punchは、PC/Mac/Linux向けに開発中の2D横スクロールアクション『Code: HARDCORE』のKickstarterキャンペーンを開始しました。



本作『Code: HARDCORE』はSDにデフォルメされた巨大ロボットを操り、ステージを攻略していくプラットフォーマーと、CPUも交え最大4人まで参加可能なロボ同士での対戦モードで構成された作品です。



SDにデフォルメされた巨大ロボットを始め、グラフィックに既視感を覚える読者も多いかもしれませんが、それもそのはず。本作は『スーパーロボット大戦』シリーズに多大な影響を受けており、その戦闘シーンをアクションゲームとして楽しめるようにすることが企画の出発点であったと、プロデューサーであり、リードアニメーターでもあるLouiky Mu氏は語っています。





綿密に構成され、まるで3Dのような美麗さを誇るアニメーションは、目標とする『スーパーロボット大戦』シリーズにも負けず劣らずの出来となっており、メカデザインもハイクオリティかつ日本のアニメに出てきても違和感のないようなものばかり。本キャンペーンの紹介動画内でも端々にある備品や資料、プロデューサーが流暢に日本語を扱うことなどからスタッフが日本のロボットアニメやゲームを好きで、良く研究していることを伺えるでしょう。







気になるゲーム内容ですが、武器の換装要素などに加えて、操作するのはロボットのみでなく、機体が破壊されたり機体の入れないシーンではパイロットとなって戦うなどの要素もあるようです。また、各機体に用意された必殺技を使用した際は、『スーパーロボット大戦』シリーズのように、リアル等身のロボットによる必殺技のカットインアニメーションが入るとのこと。







キャンペーンは$15よりゲーム本体が入手可能で、$90より全てのDLCが付属となります。$100以上のコースでは、金額に応じて、NPCやプレイヤーキャラクター、機体や武器のデザインを行うことができるようになっています。また、日本語によるキャンペーン紹介のページも作られています。


キャンペーンに+$100(日本への送料$60が別途必要)を追加することで後に発売されるトイも手に入る

『Code: HARDCORE』はPC/Mac/Linux(ストレッチゴール達成でPS4版も)向けに、2017年Q3からQ4の完成を予定しています。目標金額は$65,536となっており、キャンペーン開始から1日を経過した時点で$10,000ドルを既に達成しています。キャンペーンは記事執筆時点で残り43日となっています。本作は9月17日より行われる東京ゲームショウ“9-B33”でも出展しており、実際のゲームプレイを体験することができるようです。





《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. プレイ時間約87時間!1度もAボタンを押さずに『スーパーマリオ64』のクリアが達成される

    プレイ時間約87時間!1度もAボタンを押さずに『スーパーマリオ64』のクリアが達成される

  2. 血清を打ち続けて生き延びるサバイバルアドベンチャー『SERUM』早期アクセス開始!

    血清を打ち続けて生き延びるサバイバルアドベンチャー『SERUM』早期アクセス開始!

  3. 夢のチョコレート工場シム『Chocolate Factory』無料プロローグ版配信―お菓子で溢れたオープンワールドに1人称視点で工場建設

    夢のチョコレート工場シム『Chocolate Factory』無料プロローグ版配信―お菓子で溢れたオープンワールドに1人称視点で工場建設

  4. ストラテジー人気が大幅低迷…!?調査期間9年、150万人のゲーマーから得たデータが示すゲームモチベーションの傾向

  5. 早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース

  6. 『Fallout』でお馴染み「Pip-Boy」のレプリカの進化の歴史を「怪しい伝説」アダム氏が語る映像公開に―全ては「世界一危険なおもちゃ」から始まった!?

  7. 極寒世界を生き抜くオープンワールドサバイバルクラフト『Permafrost』発表!

  8. 『TES』シリーズ初期作品の開発者らによる新作オープンワールドRPG『The Wayward Realms』Kickstarterが現地5月30日から開始

  9. ミュウツーとプロバスケ選手がバスケで戦ったらどっちが勝つ?米ESPN解説者が考察

  10. 小さいのに凛々しい…!『エルデンリング』“放浪騎士”がねんどろいど化―豊富なオプションパーツでゲームを再現

アクセスランキングをもっと見る

page top