『ストリートファイターV』DLC「ユリアン」指南書!『ストIII』から帰ってきた秘密結社の副総統をチェック | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ストリートファイターV』DLC「ユリアン」指南書!『ストIII』から帰ってきた秘密結社の副総統をチェック

『ストリートファイターV(以下『ストV』)』のダウンロードコンテンツとして、追加キャラ第6弾となる「ユリアン」が9月23日にリリースされました。本稿では、「ユリアン」指南書として、おすすめの使い方をご紹介します。

家庭用ゲーム PS4
『ストリートファイターV』DLC「ユリアン」指南書!『ストIII』から帰ってきた秘密結社の副総統をチェック
  • 『ストリートファイターV』DLC「ユリアン」指南書!『ストIII』から帰ってきた秘密結社の副総統をチェック

ストリートファイターV(以下『ストV』)』のダウンロードコンテンツとして、追加キャラ第6弾となる「ユリアン」が9月23日にリリースされました。『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』からの参戦となります。使用方法は、ゲーム内通貨10万ファイトマネーを支払うか、PS4の場合はPSN、PCの場合はSteamで600円で購入することができます。

「ユリアン」は見た目や性能から、キャラを変えたいと思っている人やサブで使ってみたい人も多いのではないでしょうか。今回筆者なりに「ユリアン」の動かし方を研究したので、「立ち回り」「コンボ」「起き攻め」を重点的に紹介していきます。

■ユリアンってどんなキャラ?
まずユリアンはどういったキャラなのか。筆者としては「長い牽制技でチクチクダメージをとり、エイジスリフレクター(Vトリガー)を利用し起き攻めで倒し切る」といった印象を持つキャラクターです。とくにVトリガー「エイジスリフレクター」がこのキャラクター1番のおもしろいところであり、生命線でもあると感じました。

■長所と短所
■長所
・リーチのある通常技
・2種類のクラカン対応技
・Vトリガーを絡めた起き攻め
・優秀な通常技対空

■短所
・めくりジャンプ攻撃がない
・ノーゲージ無敵技がない
・3ゲージのVトリガー
・中>中がつながらず、コンボ火力が低い
・3F技がない
・タメ必殺技だから今作の防御テクニック「ジャングラ」と相性が悪い
・今作攻めが強いキャラが多く防御面が弱いとなかなか苦しい印象。

■立ち回り編

まずは起き攻めで倒すために、相手の体力を削らなくてはなりません。そのために立ち回りでダメージを稼ぎましょう。とにかくリーチが長い通常技。主に立ち中Kを振ったり、確反はあるが屈大Kを先端で当てるように振ったり、「メタリックスフィア(以下、スフィア)」で弾を撃つのが良いのではないでしょうか。またジャンプ大Pも強力なので飛んで行くの良いでしょう。

ガードを固める相手には↓タメ↑Pの「デンジャラスヘッドバット」を弱で撃ち、相手の目の前にわざとスカらせて投げていく奇襲を仕掛けたり、←タメ→Kの「チャリオットタックル(以下、タックル)」を持続で当てるようにすると、確定がなかったりするので持続当てを狙っていきたい。もしめり込んでしまって確定を取られてしまっても、Vトリガーゲージが溜まったくらいに思うと良いでしょう。


ユリアンで重要になってくるのが対空の使い分けです。ネカリやリュウのようにとりあえず小パン振っていれば落とせるというわけでもなく、ガイルの「サマーソルト」のような優秀な無敵対空はありません。そのため、前中Pと大Kの使い分けが重要になってきます。真上を飛んでくる相手には大K、やや遠目の相手には前中Pと使い分けたい。ダメージを求めるのであれば、少し難しいですが屈大Pもリターンがあって狙っていっても良いでしょう。以上のことを組み合わせて起き攻めまでのダメージを蓄積していきましょう。

■コンボ

    屈弱K>屈弱P>大デンジャラスヘッドバット>クリティカルアーツ「ドミナントクラッシュ」

「デンジャラスヘッドバット(以下、ヘッドバット)」が相手のしゃがみに当たらないため立ち喰らい限定ですが、小技からダウンを奪えるため狙っていきたいです。相手がしゃがんでいる場合は〆を弱タックルか中タックルにしたいところ。中タックルは当てて不利ですがダメージを取れ、弱はダメージは少ないですが、当てて有利を取れるため弱のほうがオススメです。

    屈弱P>ターゲットコンボ「キラーストレート」(立ち弱P>立ち中P)>大タックル>クリティカルアーツ「ドミナントクラッシュ」

中攻撃以上なら大のタックルがコンボに繋げることができるため屈弱P>立ち弱Pまで入れ込んでおき、ヒットしていたら「キラーストレート」につなげましょう。大タックルはダウンを奪うことができるためコンボ〆に。この2つ覚えているだけでも対戦で有効ですが、もう少し掘り下げていきます。

    立ち中P(カウンターヒット)>屈中P>大タックル

あばれ潰しなどで立ち中Pがカウンターした時に使うコンボ。単発確認が難しいため屈弱P>弱タックルで妥協してもよさそうです。

    J大P>屈大P>大スフィア>大タックル>(カウンターヒット)

飛びを通した時に使うコンボ。中タックルでコンボを〆ると、後ろ受け身に対して最速前ジャンプ攻撃が詐欺飛びになります。使えるかはわかりません。大タックル締めにすると、最速ヘッドバットスカリから前中Pで両対応起き攻めになります。こちらは使えそう。

    立ち大P(カウンターヒット)>前ステップ>屈大P>大スフィア>大タックル

昇龍拳などをガードした時に使うコンボ。ゲージを使ってダメージを伸ばしたい時は、屈大P>EXヘッドバット>EXタックルでダメージを使うと良いでしょう。

おそらく以上のことができると、対戦でも勝てる可能性が高くなると思われます。また、少し火力を出したかったり、牽制技から火力を出したい場合は以下も有用です。
    中K or 屈中K>Vトリガー>中P>中P>屈大P>大スフィア>大タックル
    J大P>大P>Vトリガー>中P>中P>屈大P>大スフィア>大タックル

次ページでは、上級者向け?Vトリガー「エイジスリフレクター」活用の連携技を紹介します!VトリガーやEXゲージが溜まったらチャレンジ!
《いおり》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』2019年のロードマップが発表、春から秋にわたって3つの大規模アップデートを予定

    『Fallout 76』2019年のロードマップが発表、春から秋にわたって3つの大規模アップデートを予定

  2. アクションRPG『Eternity: The Last Unicorn』3月5日より海外で発売!エルフとして平和の奪還を目指す

    アクションRPG『Eternity: The Last Unicorn』3月5日より海外で発売!エルフとして平和の奪還を目指す

  3. 賛歌が鳴り響く『Anthem』が発売開始ージャベリンに乗り込み仲間と戦え

    賛歌が鳴り響く『Anthem』が発売開始ージャベリンに乗り込み仲間と戦え

  4. ロックマンが波動拳?『ストリートファイターV』新コスチュームにリュウの「ロックマン」、さくらの「ロール」など

  5. 『フォートナイト』S7フレンドリーマッチに岡崎体育さんと三代目JSBのELLYさんが参戦!w-inds.橘慶太さんらも出場

  6. 『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?

  7. 『オーバーウォッチ』に新ヒーロー告知?謎のティーザーが公開【UPDATE】

  8. 『Anthem』初日アップデートのパッチノート公開、ロード時間改善やPC向け操作改良など

  9. 祝・プレイステーション4国内発売5周年!─公式アカウントが感謝のツイート

  10. 『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

アクセスランキングをもっと見る

page top