Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作

E3 2009で正式発表されて以来、状況不明となっているRockstar Games開発の新作スパイアクション『Agent』ですが、Take-Two Interactiveが2016年12月5日付で本作の商標を再出願していたことが明らかとなりました。

ニュース ゲーム業界
Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作
  • Take-Twoが『Agent』の商標を再出願―2009年発表のスパイアクション新作

E3 2009で正式発表されて以来、状況不明となっているRockstar Games開発の新作スパイアクション『Agent』ですが、Take-Two Interactiveが2016年12月5日付で本作の商標を再出願していたことが明らかとなりました。

『Agent』の商標は元々“使用目的”で2013年7月18日に出願されました。米国の商標法では“使用目的”の場合、6ヶ月の間隔で5回までしか商標が延長できず、その後は商標が放棄されてしまうそうです。

2013年に登録された『Agent』の商標は、E3 2016直前に行われた延長で既に5回目に達しているためこのまま放棄される可能性があり、それに対する手段として今回の再出願が行われたと考えられています。これによりTake-Twoはさらに3年半『Agent』の商標を保持することができます。

今後『Agent』が日の目を見るかどうかは分かりませんが、商標を更新するということは少なくともプロジェクトがまだ生きていると言えるのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

    『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  2. 『CoD』のActivisionなどがテキサス州ユバルデ銃乱射事件の犯人を“教育”したとして被害者家族から提訴される

    『CoD』のActivisionなどがテキサス州ユバルデ銃乱射事件の犯人を“教育”したとして被害者家族から提訴される

  3. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

    もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  4. 『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

  5. 「非常に好評」ターン制ストラテジー続編『Warhammer 40,000: Mechanicus II』発表!

  6. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 最大70%OFF!『ダンガンロンパ』『極限脱出』などのシリーズ作がセット&セールでコスパ抜群─アクションADVやSRPGもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  9. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  10. 2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

アクセスランキングをもっと見る

page top