Steamの同時接続ユーザー数がピーク時1,400万人を突破―最もプレイされているゲームは『Dota 2』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamの同時接続ユーザー数がピーク時1,400万人を突破―最もプレイされているゲームは『Dota 2』

PCゲーマーにとってもはや無くてはならない存在となったゲーム配信プラットフォーム“Steam”ですが、先日同時接続ユーザー数がピーク時に1,400万人を突破したことが明らかとなりました。

ニュース ゲーム業界
Steamの同時接続ユーザー数がピーク時1,400万人を突破―最もプレイされているゲームは『Dota 2』
  • Steamの同時接続ユーザー数がピーク時1,400万人を突破―最もプレイされているゲームは『Dota 2』
  • Steamの同時接続ユーザー数がピーク時1,400万人を突破―最もプレイされているゲームは『Dota 2』
  • Steamの同時接続ユーザー数がピーク時1,400万人を突破―最もプレイされているゲームは『Dota 2』
  • Steamの同時接続ユーザー数がピーク時1,400万人を突破―最もプレイされているゲームは『Dota 2』

PCゲーマーにとってもはや無くてはならない存在となったゲーム配信プラットフォーム“Steam”ですが、先日同時接続ユーザー数がピーク時に1,400万人を突破したことが明らかとなりました。

2017年1月10日14時38分時点での状況

2012年1月には500万人、2015年1月には850万人、同年11月には1,300万人と着実に増えている同時接続ユーザー数。2015年2月にはアクティブアカウント数が1億2,500万に到達したことも報告されていました。


また、最もプレイされているゲームは先日大型アップデート7.00が実施された『Dota 2』で、記事執筆日の同時プレイヤー数ピークは84万人以上。『Dota 2』の他には『Counter-Strike: Global Offensive』、『Grand Theft Auto V』、『Team Fortress 2』、『ARK: Survival Evolved』など様々なタイプのゲームが続いています。

『Dota 2』と『Counter-Strike: Global Offensive』はまさに桁違い

配信タイトルの増加(Steamゲームの4割は2016年にリリースとの報告も)だけでなく、コミュニティ機能の強化によってゲームプレイ以外での利用も拡大しているSteam。PCゲームの発展に貢献したことは紛れもない事実といっても過言ではないでしょう。なお、海外サイトSteam Spyでは2016年Steamセールの統計情報も掲載されているので、興味がある方はそちらも是非ご覧ください。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  2. スクウェア・エニックス、「E3 2019」のプレスカンファレンス日程を発表

    スクウェア・エニックス、「E3 2019」のプレスカンファレンス日程を発表

  3. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  4. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  5. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  6. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  7. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  8. インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『PUBG』新システム「武器マスタリー」が告知―PC版テストサーバー向けに4月17日より実装

アクセスランキングをもっと見る

1
page top