BioWare、『Mass Effect: Andromeda』のトランスジェンダー扱いに謝罪 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BioWare、『Mass Effect: Andromeda』のトランスジェンダー扱いに謝罪

BioWareの人気SFRPGシリーズ最新作『Mass Effect: Andromeda』。ユーザーより大きな批判を受けていた、同作に登場するトランスジェンダーのキャラクターの扱いについて、BioWareが謝罪文を発表しています。

Game*Spark オリジナル
BioWare、『Mass Effect: Andromeda』のトランスジェンダー扱いに謝罪
  • BioWare、『Mass Effect: Andromeda』のトランスジェンダー扱いに謝罪

BioWareの人気SFRPGシリーズ最新作『Mass Effect: Andromeda』。ユーザーより大きな批判を受けていた、同作に登場するトランスジェンダーのキャラクターの扱いについて、BioWareが謝罪文を発表しています。


この対象となるキャラクター“Hainly Abrmas”は、作中初対面であるプレイヤーに対し、自身のアイデンティティをすぐに明らかにしてしまうことが、大きな批判の対象となっていました。BioWareはこの問題について「Mass Effect: AndromedaのNPCの1人、Hainly Abramsには配慮や思いやりが含まれていませんでした。私たちは、このキャラクターの会話で傷ついた人々へと謝罪します。これは決して私たちの意図ではなく、ゲームデザインの反復プロセスとキャラクターのダイアログの構造の変化の不運な副産物でした」と謝罪を述べています。

また、該当のキャラクターについては、トランスジェンダーコミュニティとの議論を重ねた結果、今後のアップデートにおいて「Hainlyとプレイヤーとの間に信頼関係が結ばれ、かつプレイヤーが彼女をサポートすることを選択した場合」にのみ特定の情報が語られるように変更される、とのことです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【急募】Game*Sparkのデイリーニュース&特集記事ライターを募集中!

    【急募】Game*Sparkのデイリーニュース&特集記事ライターを募集中!

  2. 【2019/2/15更新】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

    【2019/2/15更新】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  3. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

    【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  4. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  5. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第12回『Diablo』(1996)

  6. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  7. 今から「PCゲーミング」という大海原に挑むあなたに…「ROG Strix G G531」は要チェックなハイスペックノートだ

  8. 『聖剣伝説2 SoM』幻のフラミー人形復活計画…小山田Pの願いを謎の匠が叶える!?

  9. 任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

  10. 【特集】芸術は爆裂レーシングだ!『FlatOut 4:Total Insanity』PS4日本版インプレッション

アクセスランキングをもっと見る

page top