ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発

Microsoftよりリリース予定の新型ハイエンドXbox One「Project Scorpio」。Eurogamerのハードウェア分析コーナーDigital Foundryは、本機の詳細を明らかにしました。

ニュース 発表
ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発
  • ハイエンドXB1「Project Scorpio」スペック一部判明!SoCはAMDと共同開発
Microsoftよりリリース予定の新型ハイエンドXbox One「Project Scorpio」。Eurogamerのハードウェア分析コーナーDigital Foundryは、本機の詳細を明らかにしました。

Eurogamerによると、「Project Scorpio」は、12GB GDDR5メモリを搭載。本機のコア、Scorpio EngineのSoC(system on chip)は再びAMDと共同開発されたとのこと。『Forza Motorsport』デモでは、ネイティブ4KとXbox One同等のセッティングで動作。毎秒60フレームを記録し、パフォーマンスオーバーヘッドを大幅に上げた、と伝えています。また、同メディアは、Microsoftは4Kをターゲットにしているが、1080pユーザーにも注意を払っており、すべてのモードが利用可能であると約束している、とも記載していました。

    EurogamerによるProject Scorpioスペック
  • CPU: Eight custom x86 cores clocked at 2.3GHz
  • GPU: 40 customised compute units at 1172MHz
  • メモリ: 12GB GDDR5
  • メモリ帯域幅: 326GB/s
  • ハードドライブ: 1TB 2.5インチ
  • 光学ドライブ: 4K UHD Blu-ray

Eurogamer/Digital Foundryでは、比較対象として既存のXbox OneおよびPS4 Proのスペックもこちらで紹介しています。

ゲーム録画機能「Xbox GameDVR」では、次世代のHEVCコーデックを使用することで4K60にアップグレードし、フルHDRでコンテンツをキャプチャ可能。また、マイクロソフトが「レトロアクティブスクリーンキャプチャ」と呼ぶものは、適切なタイミングでスクリーンショットボタンを押さなくても、フレーム単位でキャプチャを移動し、最適なショットを取り出せるとのことです。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

    ゾンビサバイバル『7 Days to Die』が『Killing Floor』のアセット無断使用でSteam Greenlightから削除

  2. 『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

    『メタルマックス』の新世代を告げるティーザー映像を公開─世界はリアルに描かれ、“ポチ”も走る!

  3. 中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

    中世ストラテジー最新作『Crusader Kings III』発表! 前作『Crusader Kings II』は無料化

  4. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  5. 新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ【UPDATE】

  6. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

アクセスランキングをもっと見る

1
page top