『GTA V』が現実の自動運転の“学習用”に?―「データを抽出できる最も豊かな仮想環境だ」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』が現実の自動運転の“学習用”に?―「データを抽出できる最も豊かな仮想環境だ」

Rockstar Gamesが手がける人気オープンワールド型クライムアクション『Grand Theft Auto V』。同作が、なんと「現実の自動運転車」の“教習用”として用いられていることを海外ニュースメディアBloombergが報じています。

ゲーム文化 カルチャー
『GTA V』が現実の自動運転の“学習用”に?―「データを抽出できる最も豊かな仮想環境だ」
  • 『GTA V』が現実の自動運転の“学習用”に?―「データを抽出できる最も豊かな仮想環境だ」
Rockstar Gamesが手がける人気オープンワールド型クライムアクション『Grand Theft Auto V』。同作が、なんと「現実の自動運転車」の“教習用”として用いられていることを海外ニュースメディアBloombergが報じています。

同紙によれば、これは2016年にドイツのダルムシュタット工科大学とインテルラボの科学者によって開発された、『Grand Theft Auto V』の視覚情報を引き出す方法を用い、自動運転の学習用にカスタマイズされた同作を使って、複数の科学者たちにより研究が行われている模様です。

プリンストン大学のAlain Kornhauser教授は同作について「データを抽出できる最も豊かな仮想環境だ」と語っています。自動運転車の研究開発を行う企業のひとつであるWaymoでは、1日に300万マイル以上の走行をシミュレーター環境下でモデル化できるとのこと。速度と方向の異なる複数の車線で同時に3つの車線を変更する、などのエンジニアが考えることができるさまざまなバリエーションの混乱した自動車状況を作り出してチェックを行っている他、実際の道路上で発生した問題もシミュレーションで検証を行うことがあるようです。

実際のプレイ上では、安全運転からほど遠いことの多い『Grand Theft Auto V』ですが、こうして将来の世界の交通安全の礎の一端になっているのは、何とも不思議な気分になるのではないでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  2. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

    アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  3. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

    『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  4. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』のハイラル城を『マイクラ』で再現―公認プロマインクラフターによる本気の作品をご覧あれ!

  6. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  7. 『キングダム ハーツ』がRPGボードゲーム『タリスマン』に!海外メーカーから発表

  8. 『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

  9. 『SEKIRO』属性ダメージ追加MODが登場ー『ソウル』シリーズのような攻撃が可能に

  10. 『マインクラフト』プレイヤーたちが亡くなった有名サーバー主を追悼―記念碑には多数のメッセージ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top