この量を1人で?『GTA: SA』名物「ビッグ・スモークの注文」を実際にやってみた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

この量を1人で?『GTA: SA』名物「ビッグ・スモークの注文」を実際にやってみた

Rockstar Gamesより2004年(国内では2007年)にリリースされた『Grand Theft Auto: San Andreas』。海外人気YouTuber、Matt Stonie氏は本作のとあるシーンを実際に再現しています。

ゲーム文化 LOL
この量を1人で?『GTA: SA』名物「ビッグ・スモークの注文」を実際にやってみた
  • この量を1人で?『GTA: SA』名物「ビッグ・スモークの注文」を実際にやってみた

Rockstar Gamesより2004年(国内では2007年)にリリースされた『Grand Theft Auto: San Andreas』。海外人気YouTuber、Matt Stonie氏は本作のとあるシーンを実際に再現しています。

Stonie氏が行ったのは、作中ミッション「Drive-Thru」での商品注文シーン。このシーンは、登場人物の1人ビッグ・スモークがファーストフード店"クラッキン・ベル"で大量注文するコメディチックな場面で、海外では「Big Smoke's Order」と呼ばれるネットミームとしても知られています。

    ■Drive-Thruでビッグ・スモークが1人で注文する商品
  • 9番2つ
  • 9番のラージ1つ
  • 6番(エクストラディップ)1つ
  • 7番1つ
  • 45番2つ(うち1つはチーズ入り)
  • ソーダのラージサイズ1つ

車に同乗していた主人公らも驚くこのシーンですが、Stonie氏は近くのファーストフード店に赴き、ビッグ・スモーク同様に注文。果てしないチャレンジに挑んでいます。クラッキン・ベルは架空の企業なので、全てが同じメニューではないかもしれませんが、ちょっとしたパーティを開催できるほど量は圧倒的。Stonie氏は最終的に1人で全てを食べきりますが、なんと34分52.24秒もかかったようです。

常日頃からフードチャレンジに挑んでいるStonie氏だからこそ達成できたような気もする今回のチャレンジ。真似はしない方がいいかもしれません。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  2. 触手クリーチャーで人を喰らう逆ホラー『CARRION』配信日決定! 悲鳴が響き渡る最新トレイラーも

    触手クリーチャーで人を喰らう逆ホラー『CARRION』配信日決定! 悲鳴が響き渡る最新トレイラーも

  3. NVIDIAとSycomが90歳のゲーマーグランマに水冷ゲーミングPCをプレゼント! 開封動画も公開

    NVIDIAとSycomが90歳のゲーマーグランマに水冷ゲーミングPCをプレゼント! 開封動画も公開

  4. 風雲!たけし城ライクなバトロワレース『Fall Guys』配信日決定! Steam版予約で「ゴードン・フリーマン」コスチューム

  5. 『モンハン』映画延期に……海外2021年4月23日予定

  6. 50年以上の歴史を持つ米サマーイベントが初のオンライン開催へ―MMOスタイルで森の中を自由に歩き回ろう!

  7. 『ウォッチドッグス2』の無料配布も予告!「UBISOFT FORWARD」ラインナップやスケジュール公開【UPDATE】

  8. 米陸軍Twitchチャンネル、戦争犯罪についてコメント投稿するユーザーをBAN

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. マルチプレイ恐竜サバイバルホラー『Deathground』Kickstarter開始―予測不能な恐竜があなたを襲う

アクセスランキングをもっと見る

page top