微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?

ゲーム文化 カルチャー

微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?
  • 微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?

海外アーティストDavid OReilly氏が生んだゲーム『Everything』。本作のトレイラーが、アカデミー賞のノミネート候補作品になった、と海外メディアより伝えられています。

本作は、微生物や熊はおろか、銀河にすらなれてしまう哲学的表現に富んだインタラクティブゲームです。今回話題となっている『Everything』の映像「Gameplay Film」は、オーストリア、ウィーンで開催された「VIS Vienna Shorts」で、"Jury Prize - Animation"を受賞しました。

この結果、『Everything』の「Gameplay Film」は、第90回アカデミー賞短編アニメ賞のノミネート作品に選ばれる可能性があるとのことです。これはあくまで、アカデミー賞にノミネートしたわけではなく、そのノミネート作品候補の1つになった、ということではありますが、OReilly氏自身もTwitterで報告を行っています。

なお、VIS Vienna Shortsの審査員は『Everything』について、「娯楽を超えた詩的で哲学的なテーマが強い。大切な政治的声明をはじめとする、高度な教育目的を果たすだけでなく、私たちのエゴを溶かし、世界の新しい視点を得ることを奨励している」とコメントしました。

なお、『Everything』は海外PS4/PC(Windows/Mac/Linux)を対象に配信中。Steamでは1,480円、公式サイトでは14.99ドルにて販売されています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 懐かしのARPG『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』発売20周年記念アレンジメドレーが公開

    懐かしのARPG『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』発売20周年記念アレンジメドレーが公開

  2. 『Fallout 4』にDLC規模の新要素を追加するMod「Northern Springs」公開!ー「Far Harbor」よりも大きい

    『Fallout 4』にDLC規模の新要素を追加するMod「Northern Springs」公開!ー「Far Harbor」よりも大きい

  3. ロシアW杯決勝戦でも『フォートナイト』エモートパフォーマンスが飛び出す―あのフランス選手が

    ロシアW杯決勝戦でも『フォートナイト』エモートパフォーマンスが飛び出す―あのフランス選手が

  4. リワークされたシンメトラをコミカルに描く『オーバーウォッチ』ファンメイドアニメ!

  5. もしも「マトリックス」が早期アクセスゲームだったら…なファンムービー

  6. ロシアW杯で海外選手が『フォートナイト』のエモートダンスを披露!ゲーマーもニッコリなゴールパフォーマンスに

  7. ファンによるPC向け『P.T.』リメイクが公開停止に―コナミは17歳の開発者にインターンを提供

  8. 『フォートナイト』Ninjaのチャリティ放送に約1100万円をポンと寄付する匿名視聴者が登場

  9. 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

  10. 映画版『メタルギア』監督がシリーズ31周年を祝ってキャンベルからのメッセージ映像を公開!"31"日間コンセプトアートを公開し続ける企画も

アクセスランキングをもっと見る

page top