微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?

海外アーティストDavid OReilly氏が生んだゲーム『Everything』。本作のトレイラーが、アカデミー賞のノミネート候補作品になった、と海外メディアより伝えられています。

ゲーム文化 カルチャー
微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?
  • 微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?

海外アーティストDavid OReilly氏が生んだゲーム『Everything』。本作のトレイラーが、アカデミー賞のノミネート候補作品になった、と海外メディアより伝えられています。

本作は、微生物や熊はおろか、銀河にすらなれてしまう哲学的表現に富んだインタラクティブゲームです。今回話題となっている『Everything』の映像「Gameplay Film」は、オーストリア、ウィーンで開催された「VIS Vienna Shorts」で、"Jury Prize - Animation"を受賞しました。

この結果、『Everything』の「Gameplay Film」は、第90回アカデミー賞短編アニメ賞のノミネート作品に選ばれる可能性があるとのことです。これはあくまで、アカデミー賞にノミネートしたわけではなく、そのノミネート作品候補の1つになった、ということではありますが、OReilly氏自身もTwitterで報告を行っています。

なお、VIS Vienna Shortsの審査員は『Everything』について、「娯楽を超えた詩的で哲学的なテーマが強い。大切な政治的声明をはじめとする、高度な教育目的を果たすだけでなく、私たちのエゴを溶かし、世界の新しい視点を得ることを奨励している」とコメントしました。

なお、『Everything』は海外PS4/PC(Windows/Mac/Linux)を対象に配信中。Steamでは1,480円、公式サイトでは14.99ドルにて販売されています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

    デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

  2. 雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

    雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

  3. Insomniac Gamesのクレイグ・グッドマン氏が逝去―『ラチェット&クランク』、『Marvel's Spider-Man』

    Insomniac Gamesのクレイグ・グッドマン氏が逝去―『ラチェット&クランク』、『Marvel's Spider-Man』

  4. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  5. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  6. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  7. ライアットゲームズ、『LoL』大会中の“香港”言い換えに対し、「検閲指示は行っていない」

  8. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  9. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  10. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top