微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?

海外アーティストDavid OReilly氏が生んだゲーム『Everything』。本作のトレイラーが、アカデミー賞のノミネート候補作品になった、と海外メディアより伝えられています。

ゲーム文化 カルチャー
微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?
  • 微生物や銀河になれる怪作『Everything』映像がアカデミー賞ノミネート候補に?

海外アーティストDavid OReilly氏が生んだゲーム『Everything』。本作のトレイラーが、アカデミー賞のノミネート候補作品になった、と海外メディアより伝えられています。

本作は、微生物や熊はおろか、銀河にすらなれてしまう哲学的表現に富んだインタラクティブゲームです。今回話題となっている『Everything』の映像「Gameplay Film」は、オーストリア、ウィーンで開催された「VIS Vienna Shorts」で、"Jury Prize - Animation"を受賞しました。

この結果、『Everything』の「Gameplay Film」は、第90回アカデミー賞短編アニメ賞のノミネート作品に選ばれる可能性があるとのことです。これはあくまで、アカデミー賞にノミネートしたわけではなく、そのノミネート作品候補の1つになった、ということではありますが、OReilly氏自身もTwitterで報告を行っています。

なお、VIS Vienna Shortsの審査員は『Everything』について、「娯楽を超えた詩的で哲学的なテーマが強い。大切な政治的声明をはじめとする、高度な教育目的を果たすだけでなく、私たちのエゴを溶かし、世界の新しい視点を得ることを奨励している」とコメントしました。

なお、『Everything』は海外PS4/PC(Windows/Mac/Linux)を対象に配信中。Steamでは1,480円、公式サイトでは14.99ドルにて販売されています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. WHOアンバサダーが新型コロナ感染拡大を予防するためのキャンペーン「#PlayApartTogether」を呼びかける

    WHOアンバサダーが新型コロナ感染拡大を予防するためのキャンペーン「#PlayApartTogether」を呼びかける

  2. 自宅待機意識の高まり……Steam最大同時接続数が再び更新、約2,300万件を突破―ゲームプレイ数も増加

    自宅待機意識の高まり……Steam最大同時接続数が再び更新、約2,300万件を突破―ゲームプレイ数も増加

  3. 宇宙サバイバル『Hellion』が期間限定無料配布―開発チーム解散により近日販売終了へ

    宇宙サバイバル『Hellion』が期間限定無料配布―開発チーム解散により近日販売終了へ

  4. 『マインクラフト』で等倍スケールの地球再現企画進行中―参加して自分の住む土地の再現も

  5. 『Half-Life: Alyx』をマウスとキーボードでプレイできるようになるModが登場―現段階ではデメリットやバグも

  6. 遊牧サバイバルMMO『Last Oasis』早期アクセス開始ー自転が止まった地球で生き延びろ

  7. 「せがた三四郎」演じた藤岡弘、さんの長男が「せが四郎」として俳優デビュー!セガ設立60周年プロジェクト始動

  8. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 新型コロナ対応支援RTAイベント「Corona Relief Done Quick」開催決定!SGDQ2020は延期に

アクセスランキングをもっと見る

page top