北朝鮮産シューター『Hunting Yankee』が同国内でリリースか―米国兵を狙撃するFPS | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

北朝鮮産シューター『Hunting Yankee』が同国内でリリースか―米国兵を狙撃するFPS

昨今、ミサイル発射などの話題で大きく注目を集める北朝鮮といえば、その国家体制の都合によって外からの文化が流入することも少なければ、逆に自国の文化が外部へと流れていくことも少ない国です。しかしそんな国でも独自のFPSが開発されているようです。

ゲーム文化 カルチャー
北朝鮮産シューター『Hunting Yankee』が同国内でリリースか―米国兵を狙撃するFPS
  • 北朝鮮産シューター『Hunting Yankee』が同国内でリリースか―米国兵を狙撃するFPS
  • 北朝鮮産シューター『Hunting Yankee』が同国内でリリースか―米国兵を狙撃するFPS

昨今、ミサイル発射などの話題で大きく注目を集める北朝鮮。その国家体制の都合によって外からの文化が流入することも少なければ、逆に自国の文化が外部へと流れていくことも少ない国です。しかしそんな国でも独自のシューター系ゲームが開発されているようです。

NK Newsが報じる所によれば、北朝鮮の国営メディアArirang-Meariにて紹介されたそのゲームは、北朝鮮のある会社が開発し、先日同国にてリリースされたという『Hunting Yankee』。このゲームの対応プラットフォームやプレイアブルなデモなどは公開されていませんが、プレイヤーは敵の戦線の後方からヤンキー(米国人の俗称)を狙撃するという内容となっている模様です。また、“クリフハンガーな状況の戦闘シーンで幾つもの特殊な行動を行う”といった要素もあるとのこと。

公開された画像は兵士を狙撃する直前と思われるシーンのもの。指先での操作概要のようなものも見られるため、『Hunting Yankee』はモバイル向けゲームであるとも考えられるでしょう。NK Newsによれば、他にも北朝鮮では戦争をテーマにした幾つものゲームや『FIFA』シリーズなどに酷似したVRサッカーゲーム、教育目的のゲームなども作られているということです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

    『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

  2. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

    【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  3. オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

    オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

  4. 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

  5. まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

  6. 「ジャレコ」作品などの二次創作ガイドが公開―『星をみるひと』、初期『スーチーパイ』等対象に、一定範囲の制作物有料頒布も可

  7. 期待のホラー『Year Of the Ladybug』作者の超怖顔描きメイキング!

  8. 『マジック:ザ・ ギャザリング』「コロナ」文言が入ったカード名が削除・変更に―「言葉が別の意味を帯びるようになった」

  9. スケボーゲーム『Skater XL』は7月に正式リリース! プロスケーターの登場も決定

  10. 遂に宇宙へ…! 『War Thunder』エイプリルフールイベント「Space Thunder」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top