エロティックホラー『Lust for Darkness』日本語対応決定―ベクシンスキーに影響 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

エロティックホラー『Lust for Darkness』日本語対応決定―ベクシンスキーに影響

Movie Gamesが開発中の新作ホラー『Lust for Darkness』。本作の日本語対応が決定しました。

PC Windows
エロティックホラー『Lust for Darkness』日本語対応決定―ベクシンスキーに影響
  • エロティックホラー『Lust for Darkness』日本語対応決定―ベクシンスキーに影響

Movie Gamesが開発中の新作ホラー『Lust for Darkness』。本作の日本語対応が決定しました。

本作は、エロティックとオカルトをテーマにした一人称視点のサイコロジカルホラー。主人公Jonathan Moonは、1年前に失踪した妻からの手紙を受け取り、オカルト儀式が行われている人里離れた屋敷へと向かう、というストーリーです。また、ビクトリア朝の屋敷とLusst'ghaaと呼ばれる2つの世界を行き来して物語が展開していきます。Steamストアページによれば、本作の世界はズジスワフ・ベクシンスキーの絵画に影響を受けているそうです。

今回の日本語対応は、記事執筆時点で進行中のKickstarterキャンペーンでのストレッチゴール達成によるもの。本作のKickstarterキャンペーンは現時点で17日を残し、1,463人のバッカーから25,464カナダドル(初期目標8,000カナダドル)を調達しています。

『Lust for Darkness』はPCを対象に、2017年12月2日発売予定。本作発売時に、日本語対応しているかについては不明となっています。
《秋夏》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『バイオハザード ヴィレッジ』公式イメージソング公開―吉幾三「俺らこんな村いやだLv.100」

    『バイオハザード ヴィレッジ』公式イメージソング公開―吉幾三「俺らこんな村いやだLv.100」

  2. 2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え

    2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え

  3. 協力サバイバルホラー『DEVOUR』に全く違ったビジュアルスタイルの新マップ「The Asylum」追加!

    協力サバイバルホラー『DEVOUR』に全く違ったビジュアルスタイルの新マップ「The Asylum」追加!

  4. チェルノブイリサバイバルホラー『Chernobylite』2021年7月正式リリース決定!日本語対応も含まれる最終メガパッチも配信開始

  5. いざ、冷戦下のヴェルダンスクへ!『CoD: Warzone』シーズン3が開幕―以前のヴェルダンスクは戻ってこないとの発言も

  6. 『Apex Legends』新シーズン「Legacy」5月4日リリース―ローンチトレイラーも公開

  7. 農業シム『Farming Simulator 22』2021年秋リリース―新マップやマシン追加でよりリアルな農業体験

  8. 2DハクスラACT『LOST EPIC』2021年夏に早期アクセス開始!新トレイラーでは武器育成などのやり込み要素を紹介

  9. 偽りの神々の肉片で故郷の島を再建するアクションRPG『Almighty: Kill Your Gods』早期アクセス開始日決定!

  10. ギリシャ神話ローグライトACT『Hades』Steam版がついに日本語に対応!ローカライズは日本語版『Undertale』のハチノヨン

アクセスランキングをもっと見る

page top