棒人間が物理で大乱闘!対戦ACT『Stick Fight: The Game』Steam配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

棒人間が物理で大乱闘!対戦ACT『Stick Fight: The Game』Steam配信開始

インディーデベロッパーLandfall Westは、最大4人対戦可能な物理対戦アクション『Stick Fight: The Game』をSteamにて配信開始しています。

PC Windows
棒人間が物理で大乱闘!対戦ACT『Stick Fight: The Game』Steam配信開始
  • 棒人間が物理で大乱闘!対戦ACT『Stick Fight: The Game』Steam配信開始
  • 棒人間が物理で大乱闘!対戦ACT『Stick Fight: The Game』Steam配信開始
  • 棒人間が物理で大乱闘!対戦ACT『Stick Fight: The Game』Steam配信開始
  • 棒人間が物理で大乱闘!対戦ACT『Stick Fight: The Game』Steam配信開始

インディーデベロッパーLandfall Westは、最大4人対戦可能な物理対戦アクション『Stick Fight: The Game』をSteamにて配信開始しています。


本作は、棒人間を操り、敵を拳や様々な武器で攻撃するなどして、画面外に飛ばすか体力を削りきれば勝利というルールの、最大4人対戦のアクションゲーム。物理的な挙動の戦闘システムと、物理的に動作するギミックのある80種類以上のマップを備えています。また、1試合が非常に短く、試合間の切り替わりも含めてサクサク楽しめるのも特徴です。


なお、本作のアニメーションは開発中の物理戦闘シム『Totally Accurate Battle Simulator』と同じ自動生成システムを用いているとのこと。シングルプレイヤーやBOTの搭載予定は本記事執筆時点ではない模様ですが、オンライン対戦には対応しており、フレンドを招待しての対戦も可能です。



『Stick Fight: The Game』はSteamにてWindows向けに498円で発売中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】80年代台湾ホラー『還願 Devotion』ある一家に起きた不幸をビビリが解き明かす

    【吉田輝和の絵日記】80年代台湾ホラー『還願 Devotion』ある一家に起きた不幸をビビリが解き明かす

  2. 『LoL』新PROJECTスキン「Reckoning」トレイラー!生体改造された廃棄者はThe City侵入を目指す

    『LoL』新PROJECTスキン「Reckoning」トレイラー!生体改造された廃棄者はThe City侵入を目指す

  3. 『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ

    『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ

  4. ごろつきローグライト『Streets of Rogue』正式リリース、Steam早期アクセスでは”圧倒的に好評”の評価

  5. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版が発売開始!協力と裏切りの交錯する環境で生き残れ

  6. 『Mount & Blade II: Bannerlord』マルチプレイにおけるクラスシステムを紹介―コスト制リスポーンを採用

  7. 『Dota Underlords』全ベータテスターに「プロトパス」提供―「シーズン1バトルパス」に向けたテスト

  8. 『人狼』と雪山サバイバルが融合?『Project Winter』日本語対応でSteam早期アクセス開始【UPDATE】

  9. イガヴァニア新作『Bloodstained: Ritual of the Night』海外配信開始! 13の無料DLCが登場予定

  10. 『LostArk(仮称)』プレイレポ―シネマティックダンジョンや爽快感あふれるアクションに注目

アクセスランキングをもっと見る

page top