米レーティング機関ESRB、ゲーム内ルートボックスは「ギャンブルにあたらない」と表明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米レーティング機関ESRB、ゲーム内ルートボックスは「ギャンブルにあたらない」と表明

ニュース ゲーム業界

米レーティング機関ESRB、ゲーム内ルートボックスは「ギャンブルにあたらない」と表明
  • 米レーティング機関ESRB、ゲーム内ルートボックスは「ギャンブルにあたらない」と表明
米国におけるゲームレーティングを行う組織Entertainment Software Rating Board(ESRB)は、昨今様々なゲームにて導入される“ルートボックス”は「ギャンブルにあたらない」という見解を表明しています。

これは、『Forza Motorsport 7』や『シャドウ・オブ・ウォー』などの直近の大きなAAAタイトルがルートボックスのシステムを採用していることや、対戦シューターである『Star Wars バトルフロント II』ではルートボックスの結果によって装備の性能差が生じるなどの仕様を受けた、ユーザー間での議論が影響したもの。

一部のファンの間では、これらルートボックスのシステムを採用したゲームをギャンブルとみなし、日本で言えばCERO「Z指定」などの成人以上のみがプレイ可能なAO(Adults-Only)レーティングを求める声も見られていました。

ESRBの担当者は海外メディアKotakuに対し、「ESRBはルートボックスをギャンブルにあたらないと決定した」とコメント。それらは結果の差異こそあれども何らかのゲーム内コンテンツの提供を約束しており、“トレーディングカードゲームのカードパック”のようなものである、との見解を示しました。

なお、ESRBでは実際に現金を賭けて行う「Real Gambling」とそうでない「Simulated Gambling」を以前より区分しており、今回の見解はそれを補強するものとであるとも言えます。しかしながら、ESRBはあくまで業界組織主導の非営利団体であり、今後いわゆる“高額ガチャ課金”のような事態が米国において多発した場合に、何らかの対策を迫られる可能性もあります。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』『レインボーシックス シージ』コラボ国内向け映像―塩田の向こうに佇むは…

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』『レインボーシックス シージ』コラボ国内向け映像―塩田の向こうに佇むは…

  2. 任天堂がエミュレーター用ROM配布サイトを提訴―損害賠償やドメインの引き渡しなど請求

    任天堂がエミュレーター用ROM配布サイトを提訴―損害賠償やドメインの引き渡しなど請求

  3. Valveのアンチチートシステムが約9万件のアカウントを一斉BAN―過去最大規模に

    Valveのアンチチートシステムが約9万件のアカウントを一斉BAN―過去最大規模に

  4. 直チャージ!「Steam専用プリペイドカード」全国コンビニなどで販売開始―『PORTAL2』が必ずもらえるキャンペーンも

  5. 『シェンムー3』ストレッチゴール達成で新バトルシステム/アドオンが追加―総支援金額は700万ドルに到達

  6. 『モンハン:ワールド』中国でのPC版事前予約が100万突破!一狩りの興奮はアジアでも

  7. 『No Man's Sky』マルチプレイでのマッチング仕様が一部明らかに―カスタマイズ機能で違う種族にも?

  8. 古代世界が舞台のPS4サバイバルADV『WiLD』開発元が新スタッフを大量募集中

  9. 『フォートナイト』に「P90」ライクな新SMGが近日実装―プログレッシブコスチュームはシーズン終了後もレベル上げ可能に

  10. レオンのフィギュア付き!『バイオハザード RE:2』豪華コレクターズエディションが海外向けに発表

アクセスランキングをもっと見る

page top