「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅

ゲーム文化 ホビー・グッズ

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!
  • 「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!
  • 「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!
  • 「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!

主婦の友社は、「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」を発売しました。

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」は、「ゲーム&ウオッチ」から近年にいたるまでの携帯型ゲーム機の歴史や、「GAME KING」といった海外の怪しい携帯型ゲーム機などをまとめた本です。ページ数は160ページ。価格は1,300円(税別)です。

商品内容

「また課金か」「バージョンアップでケータイのスペックが足りない…」。そんな悩みとは無縁の携帯型ゲーム機は、日本が生んだ最高のエンタテイメント。本書は、一生かかっても遊びきれないほど豊富なハード&ソフトが存在する携帯型ゲーム機の歴史を学べる一冊。スマートフォンやソーシャルゲームにはまだまだ負けない!

 手軽に持ち運ぶことができ、いつでもどこでも本格的なゲームを楽しめる携帯型ゲーム機は、日進月歩で発展を続けた。本書は国内全ハードはもちろんのこと、かつて一世を風靡したゲーム&ウオッチに加え、日本ではほとんど知られていない海外製マシンの数々も掲載。

 ゲームボーイアドバンスを彷彿させるデザインなのにグラフィックは初代ゲームボーイ以下の怪しい中国製マシン、あのNokiaが発売した携帯型ゲーム機と電話がセットになったユニークなハードなど、本書以外ではまずお目にかかれない逸品だらけ。各ハードのカラーバリエーションなど、ビジュアル面も豪華な本書で、携帯型ゲーム機の歴史をしっかりと学んでいこう。

<怪しい海外製携帯型ゲーム機も多数掲載>
GAME KING、GAME KINGII
青い機体は15年ほど前に中国で発売された「GAME KING」。黒い機体はその後継機。いずれもどこかで見たことがあるような形状だ。カートリッジ交換方式だが、内蔵ゲームもあり。このような怪しい海外製ハードも、本書にはたっぷり掲載されている。


GAME KING


GAME KINGII


<本書の内容>
■第1章「偉大なゲーム機ゲーム&ウオッチの登場」
■第2章「販売台数1億台超え!ゲームボーイが世界を席巻」
■第3章「家庭用並の性能を実現!ゲームボーイアドバンスの誕生」
■第4章「No2の座はもらった!携帯型ゲーム機群雄割拠」
■最終章「携帯型ゲームは据え置き型を超えられるか」
■携帯型ゲーム機ソフト大全
■各種コラム ほか

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!

《真ゲマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 迫るオランダのルートボックス是正命令期限―Valveは『CS:GO』『Dota 2』アイテムトレード・販売規制で対応へ

    迫るオランダのルートボックス是正命令期限―Valveは『CS:GO』『Dota 2』アイテムトレード・販売規制で対応へ

  2. 「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

    「シングルプレイヤーは死んでいない」ー『レッド・デッド・リデンプション2』のパブリッシャーCEOが語る

  3. 『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

    『Fallout 76』散らばった情報から海外ファンが地図を自主制作!ー「ウェストバージニアってどんなとこ?」「ほとんど天国さ」

  4. 『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

  5. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  6. 『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

  7. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  8. 6月22日開催「All Nightでフォートナイト」、プロゲーミングチームSCARZよりきるあ、すいか棒が参戦!当日スケジュールと出演者のまとめも

  9. 海外ポルノサイトが『フォートナイト』イベントによる検索数への影響を発表ーあのNinjaも検索されてる?

  10. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

アクセスランキングをもっと見る

page top