「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅

ゲーム文化 ホビー・グッズ

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!
  • 「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!
  • 「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!
  • 「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!

主婦の友社は、「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」を発売しました。

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」は、「ゲーム&ウオッチ」から近年にいたるまでの携帯型ゲーム機の歴史や、「GAME KING」といった海外の怪しい携帯型ゲーム機などをまとめた本です。ページ数は160ページ。価格は1,300円(税別)です。

商品内容

「また課金か」「バージョンアップでケータイのスペックが足りない…」。そんな悩みとは無縁の携帯型ゲーム機は、日本が生んだ最高のエンタテイメント。本書は、一生かかっても遊びきれないほど豊富なハード&ソフトが存在する携帯型ゲーム機の歴史を学べる一冊。スマートフォンやソーシャルゲームにはまだまだ負けない!

 手軽に持ち運ぶことができ、いつでもどこでも本格的なゲームを楽しめる携帯型ゲーム機は、日進月歩で発展を続けた。本書は国内全ハードはもちろんのこと、かつて一世を風靡したゲーム&ウオッチに加え、日本ではほとんど知られていない海外製マシンの数々も掲載。

 ゲームボーイアドバンスを彷彿させるデザインなのにグラフィックは初代ゲームボーイ以下の怪しい中国製マシン、あのNokiaが発売した携帯型ゲーム機と電話がセットになったユニークなハードなど、本書以外ではまずお目にかかれない逸品だらけ。各ハードのカラーバリエーションなど、ビジュアル面も豪華な本書で、携帯型ゲーム機の歴史をしっかりと学んでいこう。

<怪しい海外製携帯型ゲーム機も多数掲載>
GAME KING、GAME KINGII
青い機体は15年ほど前に中国で発売された「GAME KING」。黒い機体はその後継機。いずれもどこかで見たことがあるような形状だ。カートリッジ交換方式だが、内蔵ゲームもあり。このような怪しい海外製ハードも、本書にはたっぷり掲載されている。


GAME KING


GAME KINGII


<本書の内容>
■第1章「偉大なゲーム機ゲーム&ウオッチの登場」
■第2章「販売台数1億台超え!ゲームボーイが世界を席巻」
■第3章「家庭用並の性能を実現!ゲームボーイアドバンスの誕生」
■第4章「No2の座はもらった!携帯型ゲーム機群雄割拠」
■最終章「携帯型ゲームは据え置き型を超えられるか」
■携帯型ゲーム機ソフト大全
■各種コラム ほか

「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」発売―携帯ゲーム機の歴史から海外のアヤシイ迷機まで網羅!

《真ゲマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』ファン「ゼニヤッタ歩いてくれ」→Blizzard「わかった」

    『オーバーウォッチ』ファン「ゼニヤッタ歩いてくれ」→Blizzard「わかった」

  2. 『ダークソウル』深淵歩きアルトリウスSD PVCスタチューが予約開始―キュート&ハイクオリティ

    『ダークソウル』深淵歩きアルトリウスSD PVCスタチューが予約開始―キュート&ハイクオリティ

  3. 12歳の少年YouTuber、『Fortnite』配信で10万サブスクライブ達成後にスワッティング被害を受ける

    12歳の少年YouTuber、『Fortnite』配信で10万サブスクライブ達成後にスワッティング被害を受ける

  4. 新作『バトルフィールド』が遂に到来!「EA PLAY 2018」6月開催―オンライン配信も予定

  5. 童心に返れそうなゴチャ混ぜ動物バトルシム『Beast Battle Simulator』正式版が配信

  6. 『ウィッチャー』ゲラルトの「入浴姿ケーキ」作る海外ファン登場ーいやん、丸見え…

  7. 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

  8. 『DEATH STRANDING』トロイ・ベイカーが参加―『MGS V』オセロット役など【UPDATE】

  9. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  10. 古典ホラーゲームを受け継ぐ硬派なボクセルADV『The Padre』Steamで早期アクセス配信

アクセスランキングをもっと見る

page top